トップニュース

アントニオ猪木、日本レスリング選手で悲惨な外交官、79歳で別税

ムハンマド・アリと異種格闘技の試合で引き分けを収めたと最もよく知られた日本のレスリング選手アントニオ・イノキ(Antonio Inoki)が土曜日に東京で死亡した。 彼は79歳だった。

猪木氏が設立したレスリング会社新日本プロレスは、 発表 その原因はまれな器官疾患であるアミロイドーシスであった。

猪木さんは展示独裁者の突出した顎を持っていましたが、フランスのニューウェーブ映画製作者の威厳を込めた赤いスカーフを着用しました。

彼は様々な公的役割を成功裏に果たした。 彼は日本の参議院議員である間、世界一周のための一人の外交政策を開発しました。 彼はパキスタンでイスラム改宗者としてレスリングをするときに自分自身を紹介することによって評判とフォロワーを築きました。 そして彼は陽気な選手のイメージを投影した。 殴るファン そして顔に仲間の芸能人、彼の闘志の一部を移そうとする署名の動き。

しかし、1976年6月26日、東京で開かれたムハンマド・アリとの劇的なスタント競技で彼をアメリカで注目され、他の場所で彼の名声を強固にしました。

アリは世界のヘビー級ボクシングチャンピオンであり、その戦いは2人の対決ではなく、2つのスポーツの対決として宣伝されました。 期待を集め、Shea Stadiumは放送のために30,000人以上の人々を魅了しました。

紙が鳴り、しばらくしてイノキさんはマットに身を投げてアリを這って足で蹴り始めた。 アリはリングの周りで踊り、痛みを伴う蹴りを吸収し、ゲーム全体でわずか2回のパンチを飛ばした。

奇妙な光景は引き分けと判断され、観客がリングにゴミを投げるようにインスピレーションを与えました。

猪木は、翌年の申し訳ないインタビューで、「昨年の夏には私が真剣だったようだ」と語った。 「私は勝つために最善を尽くしました。 偽の戦いではなかったらもっと楽しかっただろう」と話した。

Aliが2016年に亡くなった後、The Timesは試合の回顧記事を掲載しました。 「Ali’s Least Memorable Fight」。

ある専門家の評論家はこれを異なって見ました。 2017年無敗ボクサーフロイドメイウェザージュニア(Floyd Mayweather Jr.)と戦った異種格闘技選手コーナーマクレガー(Conor McGregor)は 言った 彼はアリ-猪木の試合を勉強したと彼らの戦いの前に記者会見で。 特に注目を集めたのは 瞬間 6ラウンドでアリが倒れ、猪木が上に上がり、審判が二人を分離させた。

マクレガーは「その瞬間を5秒、10秒だけさらに置いたら、猪木は首や腕、手足を包み、戦闘界の顔が変わったはずだ」と話した。 言った。

Kanji Inokiは1943年2月20日、日本の港町横浜で生まれました。 彼は「Antonio」をレスリング名として採用した。 彼がティーンエイジャーだったとき、彼の家族はブラジルに移住しました。 日本のプロレスラーリキドザンはブラジルを訪れ、漢字に会って彼のメンターになって日本人気レスラーの道に入った。

猪木さんの生存者に関する情報はすぐには入手できませんでした。

アリエピソードは、タバスコソースからピンボール店まで、広告で存在する祖国でイノキさんの人気に長期的なダメージを与えていません。

そして巧妙に海外で好意を与えた。 パキスタンでは、彼は地元のメディアでMuhammad Hussain Inokiとして知られるようになりました。 パキスタンの国旗の色を表す赤いスカーフを緑のスカーフに置き換えました。 パキスタンの有名なレスリング選手の家族と競争を育てた。

2014年によれば、1回の戦いが曖昧に終わった後、Inoki氏は敗北を認めることに決め、パキスタンファンの国内勝利に対する欲求を満たした。 プロフィール グランランドで。

猪木さんの最も影響力のある外国介入はイラクで起こりました。 湾岸戦争がある数ヶ月前の1990年、サダム・フセインは数十人の日本市民を人質で握っていました。 最近日本国会議員に当選した猪木さんは、捕虜たちの親戚を連れてイラクへ旅行に行った。 組織化 「スポーツと音楽平和祭り」。

ニューヨーク・タイムズは2017年のプロフィールで猪木首相が「41人の日本市民釈放交渉を助けた功労を認められた」と話した。

猪木さんは1995年から2017年まで32回も北朝鮮を訪問し、北朝鮮の人物となりました。 1995年「衝突」で始まった関係 イベント その間、Mr。 イノキはアメリカのレスラーRic Flairを倒した。

日本の一部では、巧みなレスリングスターが核武装した独裁政権の上級管理者と社交を繰り広げることを広報用スタントとして非難しました。 彼は「スポーツ外交を通じて平和を築くこと」という崇高な目標があると述べた。

猪木氏は続けて「国連、トランプ、日本は私たちがより多くの圧力をかけなければならないと言っています。 「しかし、まず彼らの言葉を聞いて、彼らの活動の背後にある理由を理解しなければなりません。」

READ  日本、予防接種旅行制限の緩和

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close