トップニュース

インフレが差し迫るにつれて、日本の「複数支出」への希望が消えていく

小宮関太郎、杉山健太郎

東京、5月2日(ロイター) – 3人の子供のお母さんである高橋舞子は、一人の家庭の都合がいつも都合がなかったにもかかわらず、子供たちのためにお金をつまんだり譲る事を一度もしたことがありません。

しかし、時代が変わりました。 最近、彼女は中古の服を着るのに苦労することなく、強迫観念に惹かれた境界線で最も低コストで低価格を追求しています。

「電気を節約するために冷蔵庫を開く回数を最小限に抑えるなど、テレビ番組のヒントに細心の注意を払い始めました。」

「私たちは状況がいつものようにねじれるのを感じ始めたので、調整しました。」

高橋の行動はますます多くの消費者が現れ、日本の懸念の傾向を強調しています。

3月に2年間のコロナウイルス抑制措置を解除した後、政府は「複数支出」として知られることを期待していました。 米国、中国および他の主要な経済。

しかし、ここ数カ月の間に円の急激な低下とウクライナの戦争によって悪化したエネルギー、食品、その他の生活費が急上昇し、これらの希望は急速に枯渇しています。

物価上昇に苦しむ見通しに直面して、日本の質素な消費者たちは「強制貯蓄」と推定される50兆円(3,830億ドル)(経済の9%に相当)の残余に座っているにもかかわらず、ウエストバンドを締め付けています。 日本銀行(Bank of Japan)はファンデミック期間中に蓄積された金額と呼ばれます。

一部の大企業は政府の賃金引き上げ要求に応えたものの、約2%の利益は小麦粉からおむつ、ビールに至るまで、すべての品目の価格引き上げに飲み込まれると経済学者たちは言います。

3月に資源が不足した日本の電気価格は、前年度に比べ22%も上がりました。

政府は最近、支出回復が予想されると4カ月ぶりに経済評価を上方調整したが、展望がぼやけているという警告を付け加えた。

政府関係者は異例的に率直な言葉で「「複数支出」が爆発する可能性が予想よりも減少している」とし「特に夏以降の展望は不確実だ」と話した。

最後の晩餐

消費者の90%以上が、最近の政府の調査では、今後12ヶ月間日常用品がより高価になると予想していると述べ、経済学者は高橋のような行動を見ることは驚くべきことではないと言います。

家のお母さんは、幼稚園に入学する息子のために中古制服を受けて割引をもっと探すことに加えて、マヨネーズ、ケチャップ、その他の食品に対して安価な個人ブランド(PB)に切り替えたと話しました。

彼女は一人ではありません。 市場調査会社Intage Inc.によると、全国的にマヨネーズを購入するためのいわゆるPBアイテムのシェアが3月に22%に増加しました。 。

大和関係者は「金曜日から始まった「ゴールデンウィーク」連休は、コロナ19制限のない3年ぶりに初めて経済支出が劇的に改善されるだろう」とし「しかし、それが今年の消費の高点になる可能性が高い」と話した。 証券チーフエコノミストスエヒロトオル。

彼は「費用引き上げの本格的な影響は7~9月四半期以降に現れるので、ゴールデンウィークが今年の最後の祭りになるだろう」と話した。

日本最大の旅行会社JTBによると、休暇旅行客数は昨年より約70%増加すると予想されるが、依然としてファンデミック以前の水準には3分の1水準だ。

円の価値が20年ぶりに最低水準に落ちると、一般的に日本を訪れる旅行者に役立ちますが、日本はコロナ19を恐れて観光客に国境を閉鎖しました。 2019年には、ほぼ3,200万人の外国人観光客が経済に貢献しました。

一方、円安は投入コストを増加させ、多くの企業に苦しみを加重させ、消費者ほど慎重で賃金引き上げを躊躇させた。

高橋は「私たちがなければ買えないアイテムの価格は上がり続けていますが、給与は固定されています」と話しました。

「私は次にスキップできることについて常に頭を撫でています。」 ($1 = 130.6400円) (Kantaro Komiya, Kentaro Sugiyama 記者, キム・チャンラン, Robert Birsel 編集)

READ  Japan Louvre Sculpture Museum-Tsu、日本の

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close