スポーツ

オリンピック:アーチェリーディピカクマリ、アタ押しダース、東京でトレーニングを開始

インドのアーチェリーディピカクマリ(Deepika Kumari)とアタ押しダース(Atanu Das)が今後のオリンピックを控え、東京で訓練を開始した。 インドのオリンピック出場選手の最初のバッチは、日曜日、東京に上陸し、すべて今日の訓練を開始します。

DeepikaとAtanuは混合チームを構成して、東京オリンピックを最もよく準備するためにトレーニングを開始しました。 7月17日、ニューデリーで東京に出発したインドの派遣団は、インディラ・ガンディー国際空港から公式送還された後、無事に日本に到着して、オリンピック選手村にチェックインした。

88人の選手全員が空港からコロナ19の検査を受け、音声判定を受けました。 そのPVCカードは空港でも検証された。 アーチェリーは今後、東京オリンピックで男子個人、女子個人、男団体、女性団体、混成団体など5種目を開催する予定である。 イベントは7月23日から行われ、7月31日まで夢の島公園アーチェリー場で行われます。

アーチェリーは、インドがまだオリンピックでメダルを獲得していない銘柄の一つです。 しかし、今回は、資格のある4人の選手がすべて前の大会で良い成績を収めて大会に進出するため、国は、アーチェリー選抜に自信があります。 (アニメ)

(この話はDevdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  毎戦力外西田哲朗が現役引退 "最高のプロ野球生活でした」次のシーズンから球団広報に| Full-Count

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close