エンターテインメント

キャンプ座間の桜まつりが2年ぶりに戻る記事







第311軍事情報大隊(中央)に配属されたブランドン・ボウマン(Brandon Bowmen)景観は去る3月26日キャンプジャマの桜まつりを皮切りに2年ぶりに開かれた前年齢5kmファンランを走っている。 コロナウイルス感染症-19:コロナ19。
(写真提供:工藤則子)

オリジナルを見る

CAMP ZAMA, 日本 – 春の日だから風が少し吹いて寒かったのですが、2年ぶりに帰ってきたイベントに参加するために天気にもかかわらずCamp Zamaコミュニティが出ました。

Camp Zamaは一般的に年次会議ですが、COVID-19のために2020年と2021年にキャンセルされた桜祭りを3月26日に開催しました。 設置全体に花を咲かせます。

矢野フィットネスセンターの裏側にはテントを叩いて座って食事できるテーブルと米陸軍ジャパンバンドの公演ステージがありました。 芸術工芸品ブースでは、お客様が再利用できる布トートバッグを着色してデザインすることができました。




キャンプ座間の桜まつりが2年ぶりに戻る



コミュニティメンバーが3月26日に開かれたキャンプジャマの桜まつりで写真のためにポーズをとっています。
(写真提供:工藤則子)

オリジナルを見る

この祭りには、約100人のランナーを集めたすべての年齢層の5kmの楽しいランニングも含まれていました。 大会主催側の一人は、多くの投票率と理想的なランニング天気が合わさって楽しいイベントになることができたと話しました。

家族や詐欺、福祉、レクリエーションのためのフィットネス陸上および受賞責任者であるStefan Thompsonは、「これは素晴らしいイベントでした」と述べました。 「肯定的なフィードバックをたくさん受けました。」

311軍事情報隊に配属されたブランドン・ボウマン(Brandon Bowman)将校もそのうちの一人だった。 彼は約1ヶ月前に日本に到着しましたが、キャンプジャマに約1,000本に達する桜の木について、同僚からすでに何度も聞いていたので、初めて祭りに出席することができてとても辛いと言いました。

Bowmenは、「ランニングイベントは素晴らしかったし、天気も良かった。




キャンプ座間の桜まつりが2年ぶりに戻る



3月26日、キャンプジャマの桜まつりに「友情大使」として出席した座間市地域の学生たちが、キャンプジャマ青少年会員と米軍兵士と共に記念撮影をしている。
(写真提供:工藤則子)

オリジナルを見る

祭りには、「友情大使」でイベントを訪れた座間市の様々な学校から来た地元の学生たちが出席しました。

学生の一人であるNagomu Ohtawaraは、彼と彼のグループが、ドラフト、工芸品の作成、フェスティバルで一緒に時間を過ごし、Camp Zamaの青少年と交流する機会を楽しんだと語った。 彼らはまた、スポーツとアニメーションについて議論し、USARJバンドのパフォーマンスを一緒に見たとオタワラは言った。




キャンプ座間の桜まつりが2年ぶりに戻る



米陸軍日本バンドは3月26日キャンプジャマの桜まつりで公演します。
(写真提供:工藤則子)

オリジナルを見る

オタワラは「過去数年間、親善大使として多くの活動をすることができなかった。 「これは私たち全員にとって素晴らしい経験で、英語力を練習できるようにしました。」

READ  「アバター」再リリースピップ「心配しないでダーリング」、3150万ドルでグローバルボックスオフィス1位ニュース

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close