スポーツ

サッカー – 日本、中国のデッドロック後に東アジアのタイトルを維持

大会開催国 日本は火曜日、東京東鹿島で開かれた中国との試合で0-0引き分けを収めた後、東アジア選手権大会女子タイトルを維持した。 引き分けで池田二志チームがアジアチャンピオンの中国を勝ち点2点車に引っ張り、韓国は台湾を4-0で破って3位に上がった。

日本は地域大会2連覇、通算4位を占め、今大会で不参加な北朝鮮を1勝1敗で抜いて大会最多優勝国に浮上した。 上野理子は日本の後半に先制ゴールに最も近づき、遠距離シュートが中国のゴールキーパーZhu Yuを抜いて、ボールがクロスバーを抜け出しただけで成功した。

韓国はデバイスランの自策ゴールがコリンベルの側をリードした後、カン・チェリム、イ・ミンア、コ・ミンジョンがすべてゴールを破って台湾を破って総合3位を占めた。 35分。 男子トーナメント決勝戦は水曜日にトヨタで開催され、日本は優勝のためにディフェンディングチャンピオンの韓国を破らなければなりません。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

READ  札幌オリンピック誘致推進のための全日本委員会招集

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close