世界

スコットランドの女性は、戦いで男の舌を噛んだ – カモメがそれを食べた

彼は舐めた。

スコットランドの女性が過酷な通りの戦いで男の舌の一部を破っ尋ね、カモメがすぐに急襲して、それを飲み込んだと当局は、レポートで明らかにした。

Bethaney Ryan(27歳)は、異邦人James McKenzieと衝突して2019年8月1日にエジンバラでの議論を引き起こした。 エジンバラのイブニングニュース

マッケンジーは「拳を握り締め、「ライアンに近づく、彼女は説明できないほど彼にキスをした3×2センチの舌の部分をカットしたとスーザン・ディクソン検査が木曜日エジンバラ保安官で語った。

「彼女は彼の唇にキスをした、その過程で彼の舌を破っ聞い彼の舌が削除されました。」とDicksonは、裁判所に語った。

彼血長期の塊を吐き出すた後、鳥がそれを地で抜いて食べた。 再付着手術が不可能になったと彼女は言った。

“Mr McKenzieは歩いて行って、彼の舌の一部を吐き出すて、その時点での筋肉の部分が舌の部分に分かれた大きなカモメによって入れました」とDicksonは言いました。

McKenzieは「血が流れ出始め “した後、「舌の裂傷」で治療を受けた検査は語った。

検査は、「舌の部分を使用できず、再び付けることができないので、彼は手術を必要としなかった」と述べた。

アウトレットによると、逮捕されたライアンは、木曜日暴行の有罪を認めた。 彼女とMcKenzieの間の論争を誘発した原因がすぐに明らかではないでした。

READ  製薬業界今日のニュース配信(2020年12月24日)| AnswersNews

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close