技術

トヨタおよび日本の他の主要自動車ブランド、2022年までに自律走行技術を導入

日本は、マツダ、トヨタ、レクサスなど、よく知られているブランドと一緒に自動運転部門でスピードを上げ始めました。

を通じて報告されたように、9月から ブルームバーグ、日本は農村と老人にもっとよく合う自律走行車を徐々に統合し始めた。 2022年まで、いくつかの自動車メーカーは、国家の全体的な努力を支援するために、レベル2ベースの自律走行力学を車両に招待しようとします。

自律走行自動車の自律走行技術は、計5つの主要レベルがあります。 5番目のレベルでは、車は完全に自動化され、自分で運転します。 2番目のレベルでは、車両は状況に応じてまだ注意が必要で、特に高速道路でハンズフリー運転が可能です。

トヨタの場合、Crownモデルは2023年のバージョンでこのタイプの自律走行技術で高度なアップグレードを見るでしょう。 トヨタは、技術が確立された成功した研究開発の後、日本のすべての主要モデルに自律走行メカニズムをさらに実装するために移動します。 同社はまた、部品が利用可能な場合は、より安価なモデルに技術をインストールするオプションを探します。

Mazdaも同様に、2022年から車両にレベル2または3を提供することを目指して技術の推進力を見ています。 自動車メーカーは、スポーツユーティリティや中型セダンにこれらの自律走行機能を継続して実装します。

LexusはすでにMiraiモデルと高級製品にこの技術をインストールしています。 一方、スバルはハンズフリー高速道路の旅行のために世界中のすべての自動車に自律走行機能を提供する予定です。

レベル4自律走行機能は現在まで日本で使用が禁止されているため、レベル2とレベル3は2022年までの主要目標です。 矢野研究所東京に拠点を置くビジネス・市場調査会社であることは、2030年までに日本の自律走行車両の62%にレベル2基盤技術が搭載されると主張しています。

さらに読む:トヨタの運転手は、所有者がキーホルダーで車を起動できるリモート接続サービスを受けるために年間80ドルを支払う必要があります。

アメリカの自律走行車

一方、米国はすでにElon Muskが率いるTeslaとすべてのモデルに基本レベル2の自律走行技術を含め、記録的な数の自律走行車を誇っています。 また、アルファベットの自律走行車であるWaymyoは機能にレベル4を実装しており、十分な研究を経てレベル5を導入する計画だ。

無人車の議論

交通の革新は完璧ではないので、誰もが自律走行車を好むわけではありません。 自律走行車の長所と短所には、さまざまな要因が含まれます。 日本の場合、政府は農村地域に活力を与え、高齢者により実用的な交通手段を提供したいと考えています。 しかし、安全に関連する多くの危険性と機械的誤差の可能性があります。

ほぼ60億円(5,500万ドル)をL4に向かう道プロジェクトに投資した日本は、2025年まで毎日自律走行を実現することを希望します。

関連記事: Tech Times 独占 #21: Toyota Motor Europe Tech Manager Mark Van Loockは、人間支援ロボットがどのように患者を支援できるかについて議論します。

ⓒ 2021 TECHTIMES.com All rights reserved. 不正な複製を禁じます。

タグ:

READ  一日を開始するために知っておくべき5つの事項

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close