技術

ペイパル、日本のFacebookのディ27億ドルで買収

米国の決済会社であるPayPal Holdingsは水曜日、日本の “今すぐ購入し、後で支払い」プロバイダであるPaydyを約3,000億円(27億ドル)で買収すると発表しました。

PayPalは、主要国間の電子商取引決済に新しいサービスを追加して、日本でのビジネスを強化することを目的とします。 海外メジャー企業の本格的進出で日本決済部門の競争が激化する見通しだ。

PayPalは、現金で買収します。 取引は10〜12月に終了する予定である。 Paidyの創設者兼会長であるRussell Cummerと社長兼CEOのRiku Sugieは買収後も、会社に残って管理を担当しています。

1998年に設立されたPayPalはオンライン決済の分野で強力なプレゼンスを確立しました。 6月末まで運営アカウント数は4億個を突破し、そのうちの約40%は米国外です。

2021年4〜6月の総取引額は、前年比40%増の3,109億ドルと史上最高値を記録した。 時価総額は約3000億ドルで、米国の主要な銀行に匹敵する。

これまで日本市場へのPayPalの焦点は、海外製品のため、国家間の電子商取引決済であり、430万個のアクティブなアカウントがあります。 PayPal CEO Dan Schulmanは世界で3番目に大きい電子商取引市場である日本を主な地域の一つに選ばれました。 決済の70%が現金で行われる、日本は成長余地が多い。 PayPalは、600万人の会員を保有しPaydyを買収し、国内決済市場での地位を高めることを目標としています。

ペイディはクレジットカードが必要ない、今購入後後払いサービスを提供しています。 時価総額が10億ドルを超える日本で数少ない非上場スタートアップの一つです。 去る3月には、米国の投資家ジョージ・ソロス一家が運営するファンドで130億円を調達した。 これは日本の非上場企業史上最大規模の資金を調達に注目を集めた。

今すぐ購入した後、後払いサービスは、一定期間中に手数料を請求していない分割払い決済サービスです。 特に若者の間で人気が高く、ヨーロッパやアメリカで急速に拡大している米国の金融サービス企業FISによると、2020年のグローバル電子商取引決済の2.1%を占めており、今年4.2%に増加すると予想される。 2024。

今すぐ購入した後、後払いの市場での競争が激しくて資本力ゲームとなっています。 米国決済大手スクエア(Square)は、8月初め、オーストラリアのアフターページ(Afterpay)を約290億ドルで買収すると発表した。 スウェーデンKlarnaは、6月SoftBank Vision Fund 2等から6億3,900万ドルを調達して価値を約460億ドルに高めました。

READ  スマートフォンで撮影したことを正確かつ迅速に切り取ってくれるAR鼻血アプリケーション「ClipDrop」 - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close