スポーツ

メイセイ敗北に大映昭和アキ歳山が6日ぶりに無敗

最高ランク 鷹しら 大映昭和16位アキ歳山は新年グランド相撲トーナメントで6連勝をおさめて完璧な記録を維持し、7位メイセイは最初の敗北を喫した。

大映ショートップ sekiwake Terunofuji(3-3)は、瞬間的に彼の推力を抑制することに成功しましたが、ガスから足を離すことなく、電子を強力にプッシュします。 ozeki 東京の両国国技館で。

27歳の元 sekiwake開幕3日間3大関を破ったアキ三山が合流しました。 ベテランは死んだように見られたにもかかわらず、無敗の状態を維持して、小さなNo. 12 Terutsuyoshi(2-4)に埋葬されました。

35歳のアキ三山は、相手の低い初期突撃に後ろ足であったが、右の腕を端に置いてロッカーを強く押してタイを回した。

アキ三山はエリートで一度戦ってきた makuuchi 2016年3月4-11記録で2段階ですぐに下がるディビジョン juryo 次の会議。

メイセイは大会初の敗北を経験した後、タイトルレースから退いた。 25歳の彼は5位のベテラン隠岐海(4-2)に十分な圧力をかけないし、彼は最初の攻撃を快適に撃退し、タイムリーに倒した。

大関ショーダイ(5-1)は、前大関トーチ魯迅(2-4)で強く回転したが、ジョージア4回を押し出しまでは決して問題がありませんでした。

11月の大会で負傷して無敗記録を出したShodaiは、古代のスポーツで二番目に高い順位であるozekiで降格を避けるために、ここで優勝記録が必要です。

しかし、11月にも負け記録を残して大関ランクを上げた浅野山はタカラフジ2位(3-3)で3回目の敗北を喫した。

大関は、日常的な勝利のためにコースを見てみたが前江頭をレイズリングから強制的に押し出さず、タカラフジの連続オーバーアーム投げしようと落ちた。

彼の横綱昇格入札が4連敗で大会開幕を控えたことを見た後、11月に会った勝者ozeki Takakeishoは2連敗で状況を元に戻すしたが、3位Onosho(4-2)に拒否されました。

Takakeishoの低い充電は、最初にランク・アンド・フィラーを強制的に戻すことができたが、ozekiは簡単にカウンターで押され出る前に勢いを維持していました。

15位Kotonowakaは5日連続で優勝を占め、首位パックに遅れ12位のモンゴル理組合を抜いて第二の敗北を喫した。

関とせ高野ショー(4-2)は、忘れることができる試合を持ったし、簡単に退い4回多摩市(4-2)によってレイズリングされたリングで押し出された。

ダッカヤス(3-3)は、戦闘で1位を占めています。 komusubi、第四に、高ランクイン彼の右前腕はMitakeumi(2-4)がバランスを失うことに十分フォースアウト勝利を収めました。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  先頭巨人vs2位阪神/ライブ速報中 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close