理科

ヨーロッパ – 日本の船が惑星を過ぎ飛行しながら6年ぶりに最も鮮明な写真を撮影した水性

水性がついに再び注目を受け、宇宙探査機が6年ぶりにクレーターの表面を通って拡大した。

金曜日に水性を通過するBepiColombo船は1,500マイル(2,418km)離れたところで、上記の写真を撮りました。 これは惑星をすれ違ってから約10分であった。 画像は水性の北半球の古代溶岩地帯を示しています。

これは2018年に打ち上げられた後、BepiColomboの目標惑星の最初の良いところです。 宇宙船は、欧州宇宙機関(ESA)と日本の航空宇宙探査局(JAXA)の共同ミッションです。 2025年に水星の周りを回る軌道に進入する予定であり、その際の惑星の表面をマッピングし、構成を分析し、磁場を検出することです。 科学者たちは、すべてのデータが、太陽に最も近い惑星の歴史を明らかにしてもらいたい。

しかし、最初にBepiColomboは、地球、金星と水星を過ぎて惑星の重力を利用して、最終的な軌道経路に向かって自らをドラッグ引っ張るます。 宇宙船は、すでに地球と金星を過ぎました。 金曜日は6つの水性フライ・バイ・中の最初の日でした。

任務の宇宙船操作マネージャーのエルザモンタミニョンは「飛行機は船の観点から見ると、完全し、最終的に私たちの目標の惑星を見ることが驚くべきだ」と述べた。 プレスリリース

宇宙船が水性でこれだけ近くに飛ばされは2015年でした。 NASAのメッセンジャープローブが表面に衝突する前に、惑星のクレーターを最後に一度見て見た時でした。

BepiColomboの映像は、水性が遠くに消えたことを示しています。

BepiColomboの水星の写真は非常に詳細で科学者たちがRudaki、LemontovとCalvino呼ばれる特定のクレーターを識別することができます。

クレーターの名前で注釈付き水銀グレークレーターの表面過去の船

しかし、BepiColomboはまだ最高のレンズも使用せずにいます。 金曜日の飛行のイメージは、白黒監視カメラから取得したものであるが、船には、最終的に水性軌道に到達すると、配置される高解像度のカメラ製品群もあります。

ESAはBepiColomboのフライ・バイ・で撮影した53枚の画像を下のビデオで集め、船が遠くなり、惑星が遠ざかる姿を見せてくれます。

最も接近したときに、船は水性表面からわずか199km離れていたが、太陽から最も遠い惑星の側面にあった夜の闇に包まれました。

BepiColomboは水性がすでに過ぎ去っ惑星の日当たりの良い方が見えまで水性をよく見ませんでした。 このシーケンスに最も近い画像は、水性で、約1,000km離れています。

ESAのMercury Surface and Composition Working Groupを率いているDavid Rotheryは「BepiColomboの水星の最初の画像を見て、私たちが見たことを確認することが非常に興味深いものでした。」と言いました。 「水星は、私たちがまだ完全に理解していない惑星であるため、水性の周りを回る軌道にあるときに得ることができる最高品質の科学データを研究するために、さらに情熱を注ぐしました。 “

で、元の記事を読む ビジネスインサイダー

READ  木曜日に上陸する劇的な火星忍耐で期待する

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close