トップニュース

ロシア、日本沖の領有権紛争図書軍事訓練開始

ロシア軍が日本と紛争中の島々を含め、3000人以上の軍隊が参加する軍事訓練を金曜日開始したとロシア通信インターファックス(Interfax)が報道した。

今回の訓練は、ロシアの外務省が今週初め、日本との領有権交渉を中断すると発表した後、日本最北端北海道本島付近の領有権紛争図書に対する初訓練です。 ロシアがウクライナ侵攻による日本のモスクワ制裁をめぐって会談から脱退した。

上陸を試みる敵軍に反撃を加えるシナリオのもと、数百台の軍用車両が訓練に参加している。

ロシアは日本は北方領土、ロシアは南クリル列島と呼ばれるこれらの島々に軍事力を増強していると見られる。 領土紛争のため、両国は戦後平和条約を締結できなかった。

日本は1945年8月、日本が降伏した直後、グナシリ、エトロフ、シコタン、ハボマイ諸島の4つの島をソ連が違法に占拠したと主張するが、モスクワは移動が合法的だと主張する。

READ  NBAスターRui Hachimura、開幕式で国のパレードで日本を導く - NBC Chicago

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close