トップニュース

ワーカホリック搭乗:在宅勤務車を披露、日本の新幹線

TOKYO – 日本企業が大流行期間中に柔軟勤務制をますます多く受け入れたことにより、高速列車のオペレータでさえも、東京と大阪の間の2.5時間旅行中のリモート勤務を選択し、乗客を収容する必要があります。

Nozomi shinkansen Central Japan Railwayは10月から二つの大都市を結ぶ列車のWi-Fiの容量が他の車両の2倍指定された「在宅勤務」の車両を持つようになるだろうと木曜日明らかにした。

Central Japan RailwayのShin Kaneko社長は「より多くの人々が、いつでもどこでも仕事をしたいしており、新幹線は、これらの需要に適応する」と言いました。

乗客は追加料金なしで、Wi-Fiサービスにアクセスすることができます。 USB充電器、コンピュータの画面のプライバシーシールド、ミニチュアマウスも無料で借りることができます。 無線信号は、セキュリティのために暗号化されます。

このサービスは、希の最新モデルであるN700S列車に限ります。 東京と大阪を結ぶ東海道新幹線と西日本を接続する三洋ラインで提供されます。

チケットの価格は一般的な指定席と同じです。 来月から会員専用のオンライン予約サービスを介してのみ予約を承ります。

来年春から鉄道運営者は、新しいのぞみ列車の車両間喫煙エリアを会議やその他の業務用ブースに切り替えする予定です。 また、12月東京駅と名古屋駅にブースを設置し、有料でレンタルする予定である。

READ  レポート:IBM、日本に量子コンピュータのインストール

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close