スポーツ

三菱美、三回目の優勝で大関昇格の主張

関わけ 三菱は日曜日の新年大相撲大会で優勝しました。 横須奈 照野富士、通算3回目の優勝、昇格考慮 ozeki

横須奈と6位 前ヶ島あびとの3方向チャンピオンシッププレイオフを避けるために勝利が必要だった三武海は、17回の通算試合で5回目に照野富士を破り、15~15回目の大会で13回目の優勝を果たしました。 。 東京の龍谷国立館での日帰りツアー。

手術で修理された膝に、普段より多くの苦しみを経験している横綱は、相手のウエストバンドを左手で握るために前に突進したが、関わが彼の右腕を握った時だけ空いていた。

テロノフジは体をねじれて遠ざかりましたが、三菱はもう一度ベルトホールドをつかみ、ヨコズナはリングから押し出されて少し抵抗を与えました。

2019年9月に最後のタイトルを獲得したMitakeumiは、「今日私のスタイルの相撲を実行することに焦点を当てました。前進し、最善を尽くしたかった」と語った。

「長い時間が経ち、群衆の反応を聞くことができて嬉しいです。 今回の大会は非常に長かったようだ。 私の目標は2連覇で10勝を収めることだった。 とても楽しかったです。」

3つのトーナメントで33勝を収め、Mitakeumiは9月にわずか9試合で勝ったが、ozekiプロモーションのための1つのベンチマークを達成しました。

公式発表は、水曜日日本相撲協会が3月のトーナメントランキングを議論し、取締役会を開くと出てきます。

フィリピンで生まれましたが、長野県で育った29歳のこの選手も生涯3度目に切れる技術賞を受賞しました。

Abiは以前3敗で同日に入った14番コトノナカという別の優勝候補を引き下げることで、プレイオフ進出のための競争を続けました。

どちらのプレーヤーも、機会を逃した猛烈なプッシュとプッシュの戦いの後、3回目のストローでプッシュされたKotonowaka(11-4)は、トレーサーを避けようとしましたが、将来のバランスを失って倒れました。

コトナワカは先制攻撃で相手を追い越した後、「これからもっとうまくいかなければならなかった」と話した。

24歳の選手は依然として2回目の投婚賞を受賞しています。 彼の初戦は12勝3敗以降7月に出た。

2020年夏の自退直前だったアビは現在、2試合連続12勝3敗を記録し、最優秀演技賞を受賞した。

彼はエリートだけに戻った。 マクウチ 昨年11月、コロナ19安全規則違反で辞任するという提案が2020年日本相撲協会で拒否された後、彼は3部リーグで昇格する前に3つのトーナメント出場停止にあった。 マクシタ 分割。

アビは次のように述べています。

大関翔台(Ozeki Shodai)は、残念なトーナメントの最後の日に6勝を収め、5位の千代正馬(4-11)の責任を吸収し、彼を敗北させた。

Daieishoは、3つの場所の中で最も低い場所を守るためのいくつかの機会を与えました。 三薬 仲間を倒して横綱より下に位置 komusubi 明星(5勝10敗)が7勝8敗で仕上げ。

関わたけも7番タカラフジ(9-6)を押し出して9敗を避けた。

元関和一野joは現在2回目でレスリングをしており、ジョージアの元ozekiに8回目の敗北と敗北記録を出し、15回Tochinoshinを追い出し、8回目の優勝を獲得しました。

芸能2位の浦が通算8勝を収めた。 176センチメートルのダイナモは13番千代丸(7-8)と異例的に直線的な戦闘で勝利し、速くて低い突進で相手の膝が折れて倒れるまで押し込まれた。

11番貞ノ海が幕内デビュー戦の大号を抜いて優勝記録を立てた。 横綱太穂の孫で、元関口高トリキの息子である18番は8番目に落ちた。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  PadresのYu Darvish最速MLB投手、1500三振記録

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close