理科

兵士たちが日本につながったコルノブイリ研究施設をゴミにする

管理者は、日本とかなりの関連があるウクライナの研究基地に深刻な被害を報告しています。 ロシア軍はホルノブイリ原子力発電所の近くにある施設を略奪した。

建物はウクライナ政府と福島大学の共同研究プロジェクトを主催した。 研究者たちは1986年にコルノブイリ原発事故による汚染を研究していました。

当局者は、ロシア軍が日本産の放射能測定機器、コンピュータ、その他の機器を破壊したと述べた。

重要な研究データキャッシュも消えた。 この施設で働く科学者たちは、プロジェクトの未来が今危険にさらされていると心配しています。

施設職員のオレクサンドル・バルスコフは「ロシア軍が非常にひどいことをした。適切な調査を通じて明らかになるだろう」と話した。

ロシア軍は2月末にチョルノブイリ原発を掌握し、1ヶ月以上維持した。

ウクライナの管理者たちは、汚染された土壌を乱し、その地域に塹壕を掘ったと言いました。 これは放射能の増加に対する懸念につながった。

衝突の過程で、工場から約12km離れた建物で火災が発生しました。 少量の核物質を貯蔵する施設だった。 当局は、近くで安全水準を超える放射能を検出した。

科学者たちはロシア占領の結果を調査し始めた。 先月、彼らは工場周辺の放射線レベルの変化を研究し始めた。

READ  恐怖が減り、専門家たちは、共感がウイルスとの闘いの核心であると言う

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close