経済

北朝鮮、弾道ミサイルと疑われる発射体の発射:韓国、日本武器ニュース

核保有国の発射は今年初めてだ。

北朝鮮が水曜日の東海上で弾道ミサイルと疑われるミサイルを発射したと日本と韓国当局が明らかにした。

発射を初めて報告した日本海岸警備隊は、発射体が弾道ミサイルであると明らかにしたが、詳細は明らかにしなかった。

岸田文夫日本首相は記者たちに「昨年から北朝鮮がミサイルを繰り返し発射して非常に残念」と話した。

岸野武夫防衛賞は、記者たちにミサイルと疑われるミサイルが約500キロメートル(310.7マイル)を飛行して日本の排他的経済水域(EEZ)しか落ちなかったと話した。

合同参謀本部は、発射に関する分析が進行中だと明らかにしました。

合同によると、北朝鮮はこの日午前8時10分ごろ地上基地でミサイルを東に発射したと合同が明らかにした。

合参は別段の説明なしで記者たちに送った文字で「追加情報については韓米情報当局が精密分析を進めている」と明らかにした。

金正恩委員長が国防力を引き続き強化することを約束したが、武器については具体的に言及していないが、今回の試験は主に大流行経済に焦点を当てた党核心会議が終わってから数日で行われた。

Ankit Panda氏は、Twitterで単一のミサイル発射が開発テストを発揮できると述べた。

カーネギー国際平和基金(Carnegie Endowment for International Peace)のシニアフェローは、「これが新しいものである可能性があるという兆候です。

北朝鮮は昨年一連のミサイル発射を行い、10月には「新型」潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)をテストしたと明らかにしました。 2019年以降、SLBMの最初の試験だ。

国連制裁により弾道ミサイル実験が禁止された国だ。

非核化交渉は、ハノイで金委員長と当時米国大統領だったドナルド・トランプの2回目の首脳会談が決裂した後、デッドロックに陥った。

来る5月の任期が満了する文在寅(ムン・ジェイン)大統領は北朝鮮に交渉再開を促し、新年史で分断された朝鮮半島の平和協定締結のためにあらゆる努力を傾けると明らかにしました。

READ  日本の外務大臣、バイデン大統領が、米国がTPPに再加入することができる機会を提供

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close