トップニュース

北朝鮮、東海上で弾道ミサイル発射

合同参謀本部はこの日午後2時7分ごろ、北朝鮮の東海岸新砲一帯でミサイルが発射されたと明らかにした。

日本海岸警備隊はこの日午後2時25分に発射体が東海と知られる日本海に落ちたことを確認した。

合同参謀本部は「韓米情報当局が発射体を分析しており、韓国軍は対比態勢を維持している」と明らかにした。

土曜日の発射は、水曜日の北朝鮮のもう一つの弾道ミサイル試験発射の数日後に出てきたものです。

北朝鮮は今年ミサイル実験を強化した。

土曜日の発射体は3月中旬に失敗したと推定される発射体を含め、2022年現在まで14回目のミサイル発射を記録した。

これに比べて2020年には4回、2021年には8回だけ施行した。

金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長が4月25日、熱兵式で核兵器開発を「最も速いスピードで」強化すると誓った。 彼の武器プログラムへの彼の野望、特に外国の諜報機関から隠しやすい固体燃料ミサイルを開発する努力を垣間見ることができます。
READ  日本の核廃棄物埋立地

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close