世界

北朝鮮、海に別の発射体を発射

韓国と日本政府は中距離弾道ミサイル(IRBM)を発射したと報告し、東京当局はミサイルが高度2,000km、射程距離800kmに達したと明らかにしました。 朝鮮半島東海岸海へ。

ジョセフ・デンプシー(Joseph Dempsey)国防・軍事分析研究員は「ミサイルが正常な原点で発射されれば射程距離は最大3,500~5,500kmになるだろう」とし「これは中距離弾道ミサイルで2017年以降北朝鮮の最長試験になるだろう」と言った。 ロンドンの国際戦略研究所(International Institute for Strategic Studies)は日曜日のCNNに語った。

直接的な知識を持つ米国の管理によると、米国の評価では、発射が火星-12とも呼ばれるIRBM、おそらくKN-17である可能性が高いことがわかりました。

IRBMは太平洋の米国の領土であるグアムを打つことができます。

日曜日の発射は、2022年の平壌の6番目の弾道ミサイル発射であり、全体の7番目のミサイル試験発射である。

北朝鮮の官営朝鮮中央通信によると、金正恩政権は2022年のミサイル試験発射を強化し、米国に対する防御を強化し、「しばらく中断されたすべての活動を再開する」ことを評価すると明らかにした。

Dempseyは、日曜日の打ち上げは、北朝鮮がその仕事をしている可能性があることを示していると述べました。

Dempseyは、「2018年に、長距離および核実験の中断措置に基づいて、弾道ミサイルを短距離(SRBM)および中距離(MRBM)で限定的にテストしました」と述べました。

最近のすべてのテストに対する感覚は、金委員長が「自分のインベントリをテストする願望がある」とワシントンが見ても気にしないと米国管理が語った。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日、北朝鮮が理論上米本土を打撃できる核兵器である大陸間弾道ミサイル(ICBM)中断と核実験中断に近づいていると話した。

日曜日の発射後、国家安全保障会議(NSC)緊急会議を招集した文大統領は、北朝鮮が長距離弾道ミサイル発射に切り替える前にIRBMで試験を始めた2017年と同様のパターンを見せていると述べた。

木曜日に、北朝鮮は推定される発射体を発射した。 短距離弾道ミサイル2基 国の東海岸海へ。
その2日前、 巡航ミサイル 同じ水に。
1月17日平壌で試験発射 「戦術誘導ミサイル」 短距離弾道ミサイルだと朝鮮中央通信は伝えた。

北朝鮮は1月5日と11日に超超音速ミサイル試験発射に成功し、14日の鉄道車両で短距離弾道ミサイルと推定される試験発射に成功したと主張した。

北朝鮮は国際法により弾道ミサイルと核兵器の開発が禁止されています。

鉄道車両試験の後、北朝鮮外務省のスポークスマンは、北朝鮮の武器開発に反対する姿勢に対してワシントンを訓練した。 スポークスマンは「米国がそのような対決的立場を取れば、北朝鮮はこれに対してさらに強力で確実な反撃を加えるしかないだろう」と話した。

最近、朝鮮中央通信が報道した談話で、スポークスマンは「最近新型武器開発は国防力現代化のための努力の一環」とし、北朝鮮の武器強化権を擁護した。

READ  インドネシア、座礁した難民船を返した後受け入れ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close