経済

原油価格は日本の伝統的な公衆浴場を冷やすことができます。

東京、11月26日(ロイター) – COVID-19感染症は、1949年以来隣人が彼らの関心に満ちていた東京の裏通りにある伝統的な日本の大浴場であるダイニ・タカラユを殺すことができませんでした。

だが3代目オーナーである伊藤徳司に固有価は次の試験だ。

一年で最も寒い月が近づくにつれて、彼は日本の首都西部の彼の隣人の生活の大切な部分である浴槽の水を暖めるために昨年より50%多くの費用を支払わなければなりません。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

Ito(53歳)は「本当に難しいです。大企業の場合はそれほど大きな問題ではないかもしれませんが、私たちのような小規模家族経営会社にとっては本当に大変なことです」と話しました。

公衆浴場またはセントーは伝統的に自宅で入浴していない人に提供されていました。 彼らはまた社交の場となった。

Itoは東京のコロナウイルスの緊急事態を繰り返すよう努めました。 セントーは引き続きドアを開けなければなりませんでしたが、彼の年上の顧客の数は約3分の1に減少しました。

2021年11月25日日本東京の日本大浴場またはセント「ダイニ・タカラユ」レセプションカウンターでコロナウイルス病(COVID-19)の拡散を防ぐためのプラスチックシートと注意報が写っています。 写真撮影2021年11月25日。 REUTERS/Issei Kato

しかし、彼は現在1月と12月に浴槽にお湯を供給するボイラーを暖めるための燃料油で月45万円(4000ドル)を支払わなければならず、これは昨冬300,000円から引き上げられました。

お風呂の価格は東京政府で定めているので、これ以上物価を上げることはできませんが、価格を上げないと言います。

「ファンデミックの直後、私たちは人々を取り戻すことを望んでいました。したがって、このような高い価格は難しい」と彼は言った。

日本の公衆浴場はもはや問題を必要としません。 その数は1968年に全国的に18,000個で頂点をとりましたが、自宅でより多くの入浴を含むなど、数十年間社会的変化を経験した後、今は1,964個に過ぎません。 多くのセントはビールを提供するか、顧客を引き付けるためにサウナを備えています。

Toは、より少ない燃料が必要な暖かい月になるまでそれを持ち上げることができることを願っています。 5年前に家族事業に戻った元石油トレーダーである彼は、価格が以前の最高値を更新しないと思います。

現時点では、午後3時30分にオープンする前に、顧客はまだ並んでいます。

週に3~4回訪れる山崎修二(70)は「彼が価格を上げても構わない」と話した。 「これらのお風呂がなかったら、私は本当に困っていました。」

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

Elaine LiesとAkira Tomoshigeの報告Peter GraffとGerry Doyleの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Covid-19が経済が「正常」に戻ることがまだできないことを意味する理由

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close