理科

哺乳類は、少数の女性だけで生命接続単為生殖の不思議| ナショナルジオ| NIKKEI STYLE

ナショナルジオグラフィック日本版
孵化したばかりのコモドオオトカゲが木に上がる。 インドネシアのコモド国立公園で撮影します。 コモドオオトカゲは単為生殖による「処女懐胎」が可能な数少ない動物の一つだ(PHOTOGRAPH BY STEFANO UNTERTHINER、NAT GEO IMAGE COLLECTION)

ほとんどの動物は、雄と雌が交配繁殖する。 しかし、いくつかの動物は有性生殖に際して、女性だけでも、子供を残す。 いわば処女懐胎である。 これは「単為生殖」とミツバチからガラガラヘビまで多様な生物例がある。

例えば、2016年にオーストラリアリーフHQ水族館で飼われているゼブラサメの「レオーニ」が飼育係を驚かせた。 数年間オスとの接触がなく、他の女性と一緒に飼われていたにもかかわらず、産んだ卵から3匹の子サメが誕生したからである。

12年には、米国ルイビル動物園でネットニシキヘビ「セルマ」が6個の卵を産み、健康な子供が生まれた。 セルマはオスを見たことすらなかった。 2006年には、英国チェスター動物園でコモドオオトカゲの「フローラ」のような離れ業をやってのけ、飼育係を当惑させた。

事実、いくつかの単為生殖

一般的に、細胞は、染色体は、遺伝子の容器が2つずつあります。 しかし、精子と卵子は、特殊な1つずつしかない。 修正後2つになるからである。 しかし、単為生殖の場合、一般的に、精子の提供する必要がある遺伝子を別の方法で卵子が相殺。 そのパターンも実はいろいろある。

染色体が2つから1つに減り、精子と卵子があるプロセスは減数分裂する。 オスの精子いるときに、単純に同じものが2つ完成のに対し、女性は分裂したのどちらか卵子がない。 残りの方の小さな細胞は極体と呼ばれる。

極体は、一般的に修正に関与していないが、極体と卵子が結合して子ができる。 これを「オートミクシステム(automixis者生殖)」と呼ばれる( “auto”は、ラテン語で「自ら」という意味)。

オートミクシスサメなどで記録がある。 また、オートミクシスでは、母親の遺伝子が少し絞って交換するために生まれた子供は、母親の遺伝子のみ継承が複製ではない。

一方、減数分裂を経ずに母の染色体を2つの子供がいる場合もある。 この場合、遺伝子を混合減数分裂を全く通さないので、生まれた子供は、親と同じ遺伝子を持つクローンされる。 遺伝子のコピーと貼り付けある。 この方式による単為生殖は、植物で多く見られ、「無修正生殖(apomixis無融合生殖)」と呼ばれる。

母と同じ遺伝子からのアポミクシスによって生まれた子供は、当然女性になる。 しかし驚くべきことに、アブラムシはアポミクシスにオスが生じる。 何だろうか?

アブラムシは、「XX」と「XY」という染色体の組み合わせに代わり、その数に応じて性別が決定される。 女性はX染色体が2本、オスは1個。 だから子供がX染色体を1つ捨てオスになるだろう。 ちなみに、このように生まれたオスは繁殖力がありますが、X染色体を含む精子しか作ることができないので、その子は、すべての女性になる。

READ  火星に生じた小さな鳥の衝突クレーター、AIを活用して発見| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close