エンターテインメント

押井守の新作アニメ「ぶらどらぶ」予告編公開。 12月に1回無料 – AV Watch

「ぶらどらぶ “メインビジュアル
(c)2020押井守/イチゴアニメーション

「攻殻機動隊」、「機動警察パトレイバー」などで知られる押井守が原作、脚本、総監督を務めた新作アニメ「ぶらどらぶ」のメインビジュアルと本予告動画が解禁された。 12月18日(金)には、公式YouTubeチャンネル「ぶらどら部チャンネル「本編」第1話 – スペシャルエディション – 」無料配信も行われる。

VLADLOVE公式PV

本作は、押井総監督がアニメシリーズだからこそ可能なことを追求した意欲作。 総監督は「うる星やつら」以来となるドタバタコメディで、元は2020年春から初夏の頃、国内で放映・配信が予定されていたもの。

監督はその「うる星やつら」でタッグを組んだ西村潤地務めており、音響監督若林和弘、音楽河合健二など “押井組」のメンバーが集結している。

重度の献血マニア女子高生・チョン播貢(番場貢献)は、ある日献血車で外国人(?)の美少女と遭遇する。 淡いすぐ倒れるような彼女は血を抜かところ一瞬急変献血車を破壊する! 朝貢は意識を失った女性をなぜか勢いで保護し、家に持ち帰ることを……というストーリー。

新たに公開されたメインビジュアルは、今まで公開されてきた真剣な感じのものから脱皮、登場人物たちのコミカルな表情が印象的な仕上がりとなっている。 キャッチコピーは「芸術は爆発だ!」

メインビジュアル解禁に合わせ押井総監督は「ガールみつ歩く真面目にしたくて、人と人の縁の物語。だから「血」です」とコメントを送っている。

“”血縁 “とか、”疲労続く友達」という言葉もありますが、私は真剣に「血」の話をしたかった。 だから「吸血鬼」「血を吸う」は、象徴的な行為かもしれませんが、いろいろな意味で象徴的に「血」の話しようと思ったんです」

「血の話になると暗く陰惨になりがちなのだが、それではなく、比較的軽快したかったんですよ」

第1話の新しいシーンの写真も公開
(c)2020押井守/イチゴアニメーション

その他、本予告動画と第1話、新しいシーンの写真も公開された。 本予告動画はすでに公開された特報映像で使用されたカットだけでなく、シリーズ全体の様式が込められた内容が追加されている。

押井合計監督のコメント

ガールみつ歩く誠実にしたくて。 人と人との縁の物語。 だから「血」です。 「血縁」とか、「疲れ続く友達」という言葉もありますが、私は真剣に「血」の話をしたかった。だから、「吸血鬼」「血を吸う」は、象徴的な行為かもしれないが、いろいろな意味で象徴的に「血」話そうと思いました。

そして吸血鬼を扱うことは、同時に、文化の話でもして。 文化であり、いわゆる人間の世界(人間の世界)。 人間が、人間ではないこと。 一種の宿命で、誰かの供犠(釘)であり、誰かの犠牲の上にしか生きることができない存在。 これらの異質との出会いは、それにつながる物語。

血液の話になると暗く陰惨になりがちなのだが、それではなく、比較的軽快したかったんですよ。

READ  TIFFアンバサダー橋本愛、映画復帰を望んでいる

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close