トップニュース

新生戦いは、日本政府が深刻なジレンマに陥れます。

お世話銀行の更新

過去数十年の間にShinsei Bankとその運命を走っているLong Term Credit Bankは、日本政府の厳しい位置に置く習慣をかけています。

最新のケーパーでShinseiは金融大手SBIの11億ドルの敵対的株式構築の標的となり、「毒」の防御を提供して対応しました。 これは新生のいたずら基準でも手ごわい政治のジレンマを引き起こす。

一般的に、政府が十分に強力であると感じたら、外部からこのような問題に影響を及ぼそうとするが、二つの国支援機関(預金保険公社及び整理と取り立て工事)が一緒に新生の21.8%を困難過去の遺産に保有しています。 。

結果的に政府は、投資家が毒の提案を決定、10月にあるShinseiの臨時総会で最大の変動投票に終わりました。 これは敵対的入札者の議決権を弱体化させたり、提案を完全に撤回するようにするために、既存株主に株式を買うことができる令状を発行します。

政府は現在、不要な取引好ましくSBIの動きがいくら攻撃的だが、価値を創出するかどうかの立場を公に見せなければならないという圧力を受けています。

この戦いの意味は明らかにShinseiを取り巻く単一ドラマ以上の意味があると投資家は、言います。 政府は現在、自由市場資本主義の潜在的に非常に異なる見解を持つ受賞(1つは突然退任し、いずれは、次の週に投票で決定しなければならない)との間に挟まっています。 しかし、アベノミクスと、過去8年間の親株主改革が実際に大きな意味があったかどうかを表示するように強要されている。

戦い自体の結果は、銀行部門に重要です。 より大きな影響は、外国人の注目を集めるのに苦労する日本市場の全体的な認識に影響を与えます。

ここの歴史は重要です。 Shinseiの話はバブル以降の日本の時代の最も魅力的な企業のドラマの一つとして残っている。 1998年に政府はより広い銀行危機を防ぐために必死に借金に苦しむ長期信用銀行を国有化するしかありませんでした。

2年後にRipplewoodとJC Flowersがタブー視されるの侵略には、銀行を買収し、日本の銀行が外国の制御を受けた最初の事例となった。

©ロイター

日本は私募ファンドの取引で、誰が勝つ傾向があることをすぐに知ることになります。 その後数年の間に、新しい所有者は、国の費用で、銀行の最悪の不良債務を清算することができる条項を積極的に活用してRipplewoodとその集団の10億ドルの利益を提供したShinseiの2004 IPOのための道を磨いた。

その全盛期以来Shinsei周辺の派手さは大きく消え、2006年新生の株価は高粘度の4分の1の下で取引されています。 問題は、日本の銀行部門を苦しめると同じ構造自重(高齢化人口統計と低金利)で発生します。

この傾向は、ビジネスが活況を悪化している80以上の地域の銀行で最も明らかです。 増加するシステムのリスクを検出した政府は、防衛部門の統合をより長く推進したが失敗しました。

これは驚異的な成功を収めたオンライン仲介手数料として最もよく知られ、金融グループであるSBIの活気に満ちたCEOのYoshitaka Kitaoが自分の業績を残すことにしたシーンです。

過去数年の間にKitaoはSBIを日本の「4回目のメガバンク “にするためのより大きな計画の一環であると主張しながら、いくつかの暗い地域の銀行に少数株主持分を構築しました。 これは、かつて有名な偶像破壊者を、政府の良い本にたくさん入れました。

Kitaoの不要な動きには、SBIの現在Shinsei株式を20%から48%に高める厚いプレミアムが含まれている提案が含まれます。 SBIは、毒の裁判所の禁止命令を受ける計画だと明らかにした。

SBIがその仮処分命令を受信しない場合、政府の運命と日付は10月末お世話EGMで決まり毒承認のためのものである。 政府車が毒に投票すると、そのメッセージは、多くの日本企業にとって安心だろうが、投資家にとっては、血を流すことです。

反対投票をするとKitaoの攻撃に報いるように見え、彼の統合を暗黙的に承認し、株主のために、政府のより大きなサポートのアベノミクスの壮大を維持します。 その棄権は最も有力な結果であるが、最も多くの人々を怒りにする結果もあります。

[email protected]

READ  4月に日本GDP 0.3%減少:JCER

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close