経済

日本、シンガポールはグローバルルールベースの秩序を保護する必要があります。

東京 – 日本とシンガポールは、両国のパネリストが水曜日(1月26日)のフォーラムで語った。

しかし、彼らは米国と中国の超強大国競争にどのようにアプローチするのが最善かについて意見が交錯した。

280人を超える人々が出席した第15回日本・シンガポールシンポジウムでベテランシンガポール外交官 Tommy Kohは共和国の外交において核心はASEAN中心性と中立性だったが、日本は韓米日同盟を考慮する際に「党派的アプローチ」を採択するには疑いの余地はありません。 私たちを。

彼は河野太郎元外相を含む日本のパネリストの提案に答えていた。 彼は、ルールベースの秩序を妨げる国家は「高い対価を払わなければならない」とアセアンがクワッドグループと会話に参加できると述べた。 アメリカ、日本、オーストラリア、インド。

高教授は、王が中国外交部長がかつてクワッドを「インド・太平洋NATO」と表現したことを指摘し、「中国がクワッドに理念的偏向を置くと、ASEANが協力を躊躇させるので役に立たない。 「と言った。 私たちは中立を維持したいのです。」

河野氏はこの立場について懸念した。 「もし中国がクワッドに触れてはいけないと言って、ASEANが触れていなければ、ASEANの中心性は何か?

教授は、「世界に対するASEANの価値は独立と中立です。党派になる瞬間、私たちはもはやこの重要な役割を果たすことができないでしょう。に対して。」

シンガポール国際問題研究所(Singapore Institute of International Affairs)のサイモン・テイ(Simon Tay)会長をはじめとする他の専門家は、クワッド(Quad)やアウクス(Aukus)(オーストラリア、イギリス、アメリカが参加する3者条約)などのフレームワークの意図についてさらに明確にすべきだと促しました。

彼は、「(アセアンに対する)相互依存性を認めない反中国情緒とグループを周辺の役割に限定させることができる過剰な配列には慎重だ」と話した。

水曜日のフォーラムは、林義正(Yoshimasa Hayashi)日本外務相とビビアンバラクリシュナン(Vivian Balakrishnan)シンガポール外務大臣の録画映像メッセージで始まった。

両大臣は、両国がサプライチェーンの強化、デジタル経済構築、第三国の環境、インフラ協力など、多くの共通の関心を共有していると述べた。

Balakrishnan博士はまた、彼らがどのように協力して自由で開かれた貿易を発展させることができるかを指摘しました。

しかし、Hayashiは、経済的要因が「安全保障に大きな影響を与えるために」流出しており、したがって日本はシンガポールを重要なパートナーとして「普遍的価値を完全に守護」しなければならないと述べました。

青山学院大学の菊池先生は、「中国が包括的かつ漸進的な環太平洋経済連携協定」の加入申請をしたことを指摘し、今回の交渉を通じて貿易に対する中国の行動を「矯正」する良い機会だと述べました。

また、ジョー・バイデン米大統領が提案したインド太平洋経済フレームワークのパネリストの間でも議論があったが、多くの人が依然曖昧だと述べた。

READ  日本の産業政策はアメリカにとって良いモデルではありません

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close