スポーツ

日本、東京オリンピック女子バスケットボールチームの選択

日本のバスケットボール協会は木曜日、東京オリンピックの女子代表12人の名簿を発表した。

ベテランセンター高田真希、スモールフォワード宮澤ゆき、ポイントガード町田ルイが2年連続でオリンピックに出場するチームのヘッドラインを飾る。 日本の監督トム号ヴァセナール(Tom Hovasse)もフォワード長岡モエコとガード三好パルを選抜してチームに経験を加えた。

この5選手はすべて2016年リオ五輪でベスト8に進出した日本チームでした。

昨年11月に右ACLをひどく傷つけたFIBA女子アジアカップMVPガードタマラ本橋(Nako Motohashi)もカットを作った。

Motohashiはポルトガルとの3試合のウォームアップゲームシリーズで、自分の最高の状態に比べて、「約70%」と言いました。 Hovasseは27歳以降に発展してきたゲームの中のより良い姿を見せると確信します。

Hovasseは、オンラインの記者会見で「まだ一ヶ月程度残っ彼女は、誰もが知っているMotohashiに戻ってくると思います。

日本が16人のチームを率いた、ポルトガルシリーズの4人の選手がオリンピック名簿から除外された。 そのグループは、Yuki Kitamura、Ririka Okuyama、Shiori Yasuma、中央Rika Tanimuraで構成された。

高田は31歳でオリンピック代表チームで最も年長のメンバーであり、20歳の奈々子ドードーは末っ子です。

Todoは声明で、「オリンピック選手になって、東京オリンピックに出場する夢を追求してきた今の機会を握るれとても嬉しいです。

日本最高の選手であり、Rio Gamesチームの一員であるRamu Tokashikiは昨年にACLを裂いて、チームのメンバーがありません。 彼女は最終的に脱落される前に、5月までの暫定リストに残っていた。

「私たちにはスーパースター選手がいません。 したがって、私たちは、単一のキープレーヤーがありません。」とHovasseは言いました。 「私たちは非常に高い目標を持っており、私たちは最高のバスケットボールをすることができるよう、すべての選手が、さらに一歩があります。 スーパースターはありませんが、各選手が自分の仕事をすれば良い機会になると思います。」

世界10位のアカツキファイブは、東京オリンピック予選で米国、フランス、ナイジェリア6回の守備チャンピオンと対戦する。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  野球| Chiben Wakayama、全国高等学校優勝に向けた早期獲得

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close