経済

日本、2021年の最低出産記録、戦後最高値死亡

日本政府データによると、2021年に日本で生まれた子ども数が6年連続で最低値に落ち、死亡者も第二次世界大戦後の最高値を記録し、日本の人口減少傾向が続いていることを強調した。

厚生労働省予備資料によると、2020年の出生児数は84万2897人で3.4%減少し、死亡者は145万2289人で4.9%増加し、1億2500万人の国家で自然人口が60万9392人減少した。

データには、海外に居住する日本人と日本に居住する外国人の数値が含まれる。

政府の努力にもかかわらず、我が国の急激な人口減少傾向はサグラドルシミが見られない。 米国国立人口社会保障研究所(National Institute of Population and Social Security Research)は、世界3位の経済大国の人口が2053年には1億人以下に落ち、2065年には8,808万人に達すると推定しています。

政府は洛山など児童関連問題を解決するために「児童家族相談所」を設立する計画だ。 また、働く親の出産を奨励するため、子どもたちの待機者リストにある子どもを減らす措置を取っています。

2021年には、合計514,242件の結婚が登録され、4.3%減少し、戦後最低値を記録しました。 離婚件数は18万7854件で、2020年より4.5%減った。

READ  アメリカ、サイバー脅威の警告

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close