トップニュース

日本でeMP充電を管理するDriivzソフトウェア

日本で充電インフラプロバイダーであるe-Mobility Power(eMP)は、27,000以上の充電器で構成されたネットワーク全体をDriivz EV充電、スマートエネルギー管理ソフトウェアプラットフォームに移行して統合した。

2021年4月には、eMPは日本のNCS(Nippon Charge Service)を買収しました。 イスラエルのソフトウェア専門会社Driivzのソフトウェアを介してeMPはモビリティサービスプロバイダ(充電器の所有者および充電ポイントオペレータ)のようなパートナーをeMPが制御する単一の管理システムに統合することができます。

翔子四谷柳(Shoko Yotsuyanagi)eMP社長は「Driivzと今回のパートナーシップは、EV充電ビジネスの未来を備えてEV充電管理を簡素化すると同時に、EVの運転手に最もスムーズな体験を提供するのに役立つだろう」と述べた。 「これはeMPの使命を達成するために非常に重要です。」

新しい電気自動車の管理プラットフォームを介して運転者は、1つのモバイルアプリとWebポータルを使用して充電セッションを開始し、アカウントを自分で管理することができます。 新しいシステムは、統合認証システム(日本で27,000以上のEV充電器を統合する「ハブ」システム)とのインタフェースになります。 つまり、eMPドライバは、他のCPO(Charging Point Operator)の充電器を使用することができ、非eMP会員もeMP充電器を使用することができます。

Globenewswire.com

– 広告 ​​-

鼻ペリオンバッテリー素材の継続的な生産のための鼻ペリオン技術。 一貫して高い製品品質を保証する信頼性の高いプロセス技術ソリューション:CoperionとCoperion K-TronのZSK二軸押出機、部品、および重量測定フィーダーは、連続生産工程で有毒で扱いにくい材料のために特別に設計されました。
www.coperion.com

READ  「iOS 14.2.1」配信開始iPhone 12 ProでApple ProRAWでの撮影が可能! - ASCII.jp

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close