エンターテインメント

日本のより多くの患者は、感染症の中で「分割された」OTC薬に変わります。



社長兼薬剤師石井結衣(左)が2021年9月7日、大阪北区アリス薬局で顧客に相談している。 (毎日/長崎薫)

OSAKA – 日本の病院でコロナウイルス感染の懸念の中で、ますます多くの患者が処方箋なしで必要な量の薬を販売する薬局に目を向けています。

大阪府では、ある薬局が倫理医薬品分担販売会員制サービスを開始し、顧客から良い反応を得ています。

医薬品は、薬局などで購入できる一般医薬品と医師の処方と指示が必要な倫理的医薬品に分類される。 ほとんどの倫理医薬品は処方専用医薬品であり、残りも基本的に処方箋が必要だが、2005年厚生労働部告示を通じて患者が一定条件のみ満たせば処方箋なしで薬を購入できる道を開いた。

プロトコルによれば、薬剤師は、カウンターで必要最小限の薬を販売する前に、患者が必要に応じて病院を訪問することをお勧めします。 薬局は、販売日、販売された薬の量、患者の連絡先情報などの販売記録と患者の薬の履歴を管理する必要があります。 これらのオンデマンド医薬品は処方薬とは異なり、健康保険の適用対象ではありませんが、一部の患者は診療費と基本調剤費が免除され、負担が少ない。

去る8月、大阪市北区北新地ナイトライフに開かれたアリス薬局では、鎮痛剤、ビタミン剤、消化器剤、漢方薬などの医薬品を分割販売している。

社長であり、薬剤師であるYui Ishii(33)は、「私たちは薬局の種類と病院の間にいます。彼ら自身。」

北新治店は2017年、堺地本町に初店舗をオープンした後、会員制薬局の2番目の支店です。 現在4,000人以上のお客様が加入しています。



石井結衣社長が2021年9月8日、大阪北区アリス薬局で医薬品分割販売に応じている。 (Mainichi/Kaoru Nagasaki)

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)拡散後、アリス薬局の店舗を訪れる顧客が急増している。 石井氏は、「感染リスクを考慮すると、多くの患者が病院訪問を恐れている」と述べている。

薬局は、医薬品の無制限の販売を防ぐために、顧客に徹底的な相談を提供します。 「今すぐ薬を飲むようにというお客さんもいますが、直接説明をよく聞かせます。薬をたくさん処方された人はまず医師の診療を受ける方がいい」

薬剤師は副作用、薬物アレルギー、添加物、その他の情報を広く認識し、患者にわかりやすく説明する必要があります。 患者が直面する状況や問題について打ち明けるまで、患者の話を聞いてみると、患者一人当たりの相談時間が1時間以上かかることもあります。

石井氏は、「顧客に良いサービスを提供し、医薬品を販売した後にフォローアップを行うことも重要です。

薬局開業許可申請を処理する大阪市生活健康と関係者は「患者が医師に会って処方を受けることが前提であることを患者が理解し、医薬品販売を分けて販売することが必ず必要な場合にのみ可能なオプションです。私たちは薬局へ受益者の売り上げ後のステータスを追跡するよう指示しました。」

(日本語オリジナル:Kaoru Nagasaki、Osaka Bureau)

READ  Ella Cruz、Meg Imperial、日本で「Steal」の撮影の経験に感謝します。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close