技術

日本のソフトバンク、アメリカのテクノロジー企業の株式の売却



日本の持株会社であるソフトバンクが最近財務結果に基づいて、Facebook(ナスダック:FB)は、Microsoft(NASDAQ:MSFT)、アルファベット(ナスダック:GOOGL)、ネットフリックス(ナスダック:NFLX)のような米国の技術企業の株式を売却した。

東京に拠点を置く企業が大企業は、「SB Northstar」取引単位を介して、上場された株式に投資して四半期ごとの結果では、単位のポートフォリオ分析を提供しています。

フェイスブック、マイクロソフト、アルファベット、ネットフリックスは3月末SBノーススターのポートフォリオに含まれていたが、6月末のリストから除外されて株式縮小や完全売却を示唆した。

3月末基準ソフトバンクは、Facebookの株式31億ドル、マイクロソフト株式10億ドル、アルファベットの株式5億7500万ドル、ネットフリックスの株式3億8200万ドルを保有している。 しかし、4つのすべてSoftBankの6月の報告書に上場されていません。

ソフトバンクはまた書類によると、アマゾンの株式の規模を62億ドルから56億ドルに減らした。 全体的にSB Northstarは3月末190億ドルで6月末136億ドルの価値の企業の株式を保有しています。

SoftBankの会計年度第1四半期の全純利益は前年同期比39%減の69億ドルを記録しました。 中国の規制当局が最大持株会社であるAlibaba(NYSE:BABA)とDidiのようなポートフォリオの他の会社を取り締まるたからです。

専用の技術投資ファンドであるSoftBank Vision Fundは、ポートフォリオに含まれている企業が全世界の株式市場に上場され、21億ドルの米国の収入を上げました。

READ  「クワッド」国、安全なマイクロチップのサプライチェーンに同意 - メディア

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close