スポーツ

日本の小林涼遊、フォーヒルズスキージャンプオープナー優勝

日本の小林涼油が水曜日、ドイツのオーバーストドルフリゾートで開かれたフォーヒルスキージャンプ大会の第1回戦で優勝した。

2019年のフォーヒルズ優勝者であり、元ワールドカップ総合チャンピオンだった小林は2月、北京冬季オリンピックを見て302得点を上げ、シーズン4回目のワールドカップ優勝を記録した。

岩手県出身の25歳の選手は299.2点でノルウェーのHalvor Egner Granerudを抜き、298.6点でノルウェーのRobert Johanssonと共に3位に上がりました。

ワールドカップ個人最多23勝を記録している日本男子小林は「次の大会やFour Hillsトーナメントの全体ランキングについて負担を感じない」と話した。

この日の衝撃は、フォーヒルズの現チャンピオンであり、3回の勝者であるポーランドのKamil Stochが2回目のジャンプの資格に失敗し、41位にとどまったときでした。

Four Hillsの次のステップは、1月1日にGarmisch-Partenkirchenで開催されます。

最後の2つの区間は、それぞれ1月4日と6日にオーストリアのインスブルックとビショフショフェンにあります。

普段は数万人の観衆が集まった行事だが、今年はコロナ19対応のための自治体の対策でファンなしで行われる。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  バックス、日本の1回の強打者加入| ニュース、スポーツ、採用情報

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close