経済

日本の最高の電力会社の半分は、燃料コストが上昇し、純損失を記録しています。

日本の10の主要電力会社のうち5社が3月までに連結純損失を報告しました。 液化天然ガスや石炭価格の急上昇で燃料コストが急増したためです。

燃料コストの増加は、国の価格調整システムに応じて数ヶ月後に電気料金に反映されます。 高いエネルギー価格が維持され、電力会社はより高いコストを消費者に完全に転換することができなかった。

Chugoku Electric Power Co.は397億円の純損失を記録しました。 3月に福島県沖で地震で一部の発電所を停止させた東北電力(Tohoku Electric Power Co.)は、2番目に大きな損失である1,084億円の純損失を報告しました。

北陸電力、主婦電力、四国電力も純損失を記録した。

赤信号が発生していない5つの電力会社である北海道電力、東京電力ホールディングス(Tepco)、関西電力、九州電力、沖縄電力も利益が急減しました。 。

小澤浩哉 テプコ社長は、木曜日、「急上昇する燃料費のため、計画よりも収益が大幅に悪化しました。

ロシアのウクライナ侵攻の余波で、石炭とLNG価格は当分の間、高い水準を維持する見通しだ。

Kansai Electricは2023年3月までに今年の純損失を予想していましたが、残りの9つは年間予測を公開していません。

関西電機の高森森本社長は、「年間多くの場合、急増する燃料コストの影響に直面するだろう」と述べた。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本、出張者検疫3日に短縮

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close