技術

日本の株式市場は、周期が急増して技術の弱点上限が上昇し、上昇に終了します。

東京、3月25日(ロイター) – 日本の株式市場は、木曜日にナスダックを追撃したハイテク株によって上限がされたが、投資家が暴落した定期株式を総なめにしたとし取引を終えた。

Nikkei 225指数は1.14%上昇した28,729.88で取引を終えて4日連続の敗北を終えており、大規模なTopixは、3回連続で下落した後、1.4%上昇した1,955.55で取引を終えました。

“(昨日)の投資家が定期的株式を売却するように誘導した悲観的なニュースがたくさんありました。 彼らは今日それを再仕入れています。」IwaiCosmo Securitiesの投資研究部門総括責任者であるShoichi Arisawa。

ユニクロブランドの衣料品店運営会社であるNikkeiヘビーファーストリテイリング(Fast Retailing)は、1.39%の上昇でNikkeiの上昇を主導しました。

三菱UFJフィナンシャル・グループは2.48%、三井住友フィナンシャルグループは2.6%上昇し、銀行株が急騰した。 Mizuho Financial Groupは、2.01%上昇しました。

トヨタ自動車はいすゞ自動車とのパートナーシップを復活させコネクテッド商用車の競争上の優位性を強化し、トヨタのトラックユニットである日野自動車が条約に参加した後、0.43%上昇しました。

Isuzuは1.94%下落した一方、Hinoは水曜日ニュース急騰で5.19%下落してNikkei指数で最大の下落を記録した。

チップ関連の株価はオドゥベンテストが1.89%、東京エレクトロンが1.49%下落し下落しました。 彼らは一晩Nasdaqの弱いショーを追跡しました。

技術投資家ソフトバンクグループは2.84%下落した日経で二番目に大きな損失を記録しました。

東京取引所の33個のセクタのサブ指数はすべて海上輸送産業が主導して、より高く取引された。

Top 30のコアトピックス名前の中で最も多く上昇した株はファナック(4.01%)、リクルートホールディングス(3.68%)の順だった。

Topix 30の実績が低調な企業は、SoftBank GroupだったNintendoが1.31%下落しました。

日経は17人の下落に比べて207人の上昇がありました。 (藤田順子ジャーナリスト、Uttaresh.V編集)

READ  Paganiの旗拡大を続けています。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close