経済

日本の航空会社、予想よりも大きい流行の損失予測

日本航空は、予想よりも大きい年間純損失が29億ドルに達すると月曜日の声明を通じて伝染病が初期放射性降下物から回復しようとする航空業界を続け圧迫していると明らかにした。

日本で二番目に大きい航空会社は2021年3月までの純損失が前予想である240〜2700億円で3億円(29億ドル)増加すると予想した。

「国際的な旅行のために深刻な世界の制限により、国際旅客需要が事実上消えました。」と声明で述べた。

「多くの国と地域が(ウイルス)の拡散の反発に背中の痛みを受けており、これは国際乗客需要の回復を予測しにくくなります。」

JALは4〜12月に2,127億円の純損失を記録し、前年同期748億円の利益から急減しました。

同じ期間の売上高は3,565億円で、前年の1兆1千億円で3分の1が減少した。

先週、ライバルのANA Holdingsは、今年の会計年度に記録的な49億ドルの純損失を予想しました。

日本最大の航空会社であるANAは9ヶ月の間に3,096億円の純損失を発表しました。 これは記録的な記録であり、前年の同じ期間に記録した864億円の利益から急激な減少です。

しかし、ANAの副社長兼CFOは「回復が進行中」と述べた。

10月にANAはすでに2021/22年に採用を中止して、毎年、退職する約3,000人の労働者を代替していないと発表した大規模なリストラ計画を発表しました。

日経ビジネスデイリーは、月曜日に、約1,000人の日本の航空の従業員が伝染病の影響を克服するためにJALグループ外の会社に移転されていると述べた。

日本の航空会社は東京オリンピックが開かれ、観光客の数が記録を更新すると予想される2020年に、より多くの害を予想しました。

ゲームは現在、7月にオープンする予定だが、新たな感染症が増加するにつれて、これは実現可能かどうか、外国の観客が許可されるかの疑問があります。

READ  他のだけ買うことができない30代に伝えたい」新築物件」を購入するための前提条件RC造を上回る資産価値を狙う方法| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close