トップニュース

日本のSMFG、石炭火力発電所のすべての新規資金調達中止

Xiaomiのロゴは、2018年1月18日、インドバンガロールの企業のオフィスで見ることができます。 REUTERS / Abhishek N. Chinnappa

Sumitomo Mitsui Financial Group Inc(8316.T)は、水曜日にすべての石炭火力発電所の新たな資金調達を中止しており、銀行が石炭ベースの資金を削減するように圧力が増加する中で、そのような約束をした日本最初の主要な金融機関なりました。

日本で2番目に大きい資産星の銀行の動きは先月、日本が炭素排出量削減目標をほぼ二倍に増やし、政府と企業が全世界的に脱炭消化に向かって進むことを目標にしていると発表した後、シュガー義久に首相が発表した後、出てきたものです。

SMFGは、以前の設計よりも石炭をより効率的に燃焼する、いわゆる超々臨界(USC)発電所のように環境に優しいものと考えられている資金プロジェクトを前に排除していなかったが、更新されたローンポリシーからの例外を削除しました。

ロイターは、以前に、3月初めに、これらの潜在的な動きを見ていました。 もっと読む

SMFGの企業の持続可能性部門総責任者である達也武田(Tatsuya Takeda)は、オンラインメディアブリーフィングで、「いくつかの研究ではUSC発電所でさえも、CO2排出量を大幅に減らさないこと示されたため基準を削除しました。

気候の危機が深刻化により、化石燃料の資金調達を停止するために、銀行や投資ファンドをキャンペーンするオーストラリアベースのグループであるMarket Forcesは、これらの動きを歓迎したが、SMFGは、ポリシーをさらに強化しなければならないと言いました。

市場軍の活動家であるMegu Fukuzawaは電子メールで、「SMBCグループは、新しい石炭発電プロジェクトの融資のための前ポリシーの抜け穴をなくすために先頭に立ちました。」と言いました。

「しかし、炭素回収・貯留または混合燃焼技術のサポートがまだ可能であることは失望だ」とFukuzawaは付け加えた。

SMBCのより大きい競争相手であるMitsubishi UFJ Financial Group Inc(8306.T)は、先月、既存の石炭火力発電所の資金調達を中止すると発表した。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Knicks Go、Breeders 'Cup Classic優勝。 日本ドバイ、大勝利

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close