トップニュース

日本メディア、北京の太平洋の足跡に焦って

著者:岩見忠、北海道大学

2022年4月19日、中国とソロモン諸島政府は安全保障協定に署名しました。 ソロモン諸島はそのような協定を締結した最初の太平洋諸島国家であり、太平洋地域の伝統的強大国は安全保障協定に迅速に対応した。

アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、日本の上級管理者が同日ホノルルで会います 共通の懸念を表明 自由で開かれたインド太平洋に対する深刻なリスクに注目することで、安全保障協定について議論しました。 彼らはまた、「4カ国」が太平洋諸島への継続的なコミットメントを共有することを再確認しました。

わずか3日で、ホワイトハウスインド太平洋調整官カートキャンベル(Kurt Campbell)と東アジア太平洋局長ダニエル・クリテンブリンク(Daniel Kritenbrink)はソロモン諸島を訪問し、マナセ・ソガバレー首相に米国が「適切に対応する」と警告した。 ‘契約締結まで。 ジャシンダ・アーダーン ニュージーランド首相が東京を訪れる前に シンガポールでの声明 2022年4月20日、彼女は「太平洋の軍事化」について懸念した。

中国・ソロモン諸島安保協定に対する日本の初期対応は、 共同声明 2022年4月21日、岸田文夫(Fumio Kishida)首相とアダン首相(Ardern)。 安全保障協定に関する具体的な声明はありませんでしたが、両首脳は「地域安全保障環境を不安定にすることができる太平洋で増加する戦略的挑戦に対処する必要性」を重点的に強調しました。 同日、日本政府はソロモン諸島政府に公式メッセージを伝えるために外務省の上級人事を派遣すると発表した。

岸田首相は2022年4月23日、日本熊本で開かれた第4次アジア太平洋水首脳会議でナッツォ・カウセア・ツバル首相に会ったとき、日本が「礼儀注視する」と相手に知らせた。 [China’s moves] 興味」として。

2022年4月26日、日本の上杉健太郎外務省次官はソロモン諸島に上陸し、岸田の懸念を茅葺に伝えました。 彼は自衛隊イルマ空軍基地から日本航空自衛隊U-4多目的支援機を使ってホニアラに直接飛行した。

国会次官が海外訪問のために空軍航空機に搭乗する場合は異例である。 吉正林外務長官は2022年5月7~8日、フィジーとパラオを訪問し、スバでフランクバイニマラマフィジー首相と太平洋諸島フォーラム、ヘンリー・フーナ事務総長、ングゲルムードでパラオ大統領、スランゲル・ホンスジュニア議論しました。

中国-ソロモン諸島安保協定に対する日本の対応は迅速だった。 日本は一般的に3年ごとに開催される太平洋制度首脳会議(PALM)を通じて太平洋地域問題に対応したり、日本国際協力団を通じた対外援助を提供します。 しかし今回は、上級管理者が数日で太平洋に到着しました。

日本メディアも中国-ソロモン諸島安保協定に素早く反応した。 日本最大の報酬新聞である読売新聞は 警告 中国がこの地域を「中国の軍事的影響力拡大のための拠点」にする準備をしていたため、米国、オーストラリア、日本が平和と安定を維持するために介入を強化する必要があったと述べた。

6月3日彼ら 追加 中国は南太平洋諸島に対する外交的攻勢を強化し、軍事的影響力を拡大しようとしている。 米国、オーストラリア、日本が共に協力して地域の安定が損なわれないようにしなければならない」と話した。 二番目に大きく、より進歩的な新聞である朝日新聞は、同様に中国の動きを軍隊駐屯を増やそうとし、中国が次のようにしなければならないと強調しました。 やめる 「地域の安定に関連した不透明な活動」から。

日本政府の対応は、太平洋島が自由で開放されたインド太平洋ビジョンの一部でなければならないことに気づいたことを示しています。 日本の報酬と自由メディアが共有する編集の立場を共有することは珍しいことであり、これは中国の増え続ける軍事力に対処するために、市民社会の両側が日本の太平洋地域参加の拡大を支持することを示唆しています。

日本政府は1997年からPALMを通じて太平洋諸国の信頼を成功に導きましたが、バランスをとるべきです。 一方で、日本は個々の太平洋図書の国や集団地域で制度を強化し、インフラを構築するための努力とともに能力の構築に貢献する必要があります。 一方、日本は中国の地政学的野望からこの地域を保護する必要があります。

太平洋で集団的でオープンで透明なセキュリティアーキテクチャを構築することが最も重要です。 日本は、ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、イギリス、フランス、シンガポール、インドなどの考えを持つ国々と緊密に協力する必要があります。 日本は太平洋島フォーラム、PALM、日本主導の南太平洋防衛会議、最近発表されたなど、既存の地域機関を活用しながら太平洋建設に中心的な役割を果たさなければなりません。 ブルーパシフィックのパートナー太平洋パートナーの信頼を失うことなく戦略的目標を達成します。

岩見忠氏は、北海道大学の現代日本学プログラム講師です。

READ  「ジョルバ」小説家「最後の航海」日本進出

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close