エンターテインメント

映画制作者は日本の産業が変化したり死ぬように挑戦しています。


日本の映画産業は、ボックスオフィスの面でアジアで2番目に大きい産業です。 2021年ファンデミックが真っ最中の時、1億1,500万観客を動員し、総収益が11億4,000万ドルを記録しました。 。

業界の多くの人々、特にインディー部門の人々にとって、労働時間はひどいものであり、契約は存在せず、セクハラと権力の嫌がらせは職業生活の事実です。

そして海外主要映画祭で作品を上映する監督たちさえ、次期作のための資金づくりや映画製作だけで中産層の生計を立てるために苦労することが多い。

今年6月、関金ゴールデン奨励賞受賞者の高田弘和(Kore-eda Hirokazu)と永賀関徳由之海(Eiga Kantoku Yushi no Kai)というグループに属する他の6人の監督が、action4cinema/Coalition for the設立のための日本CNCを発足しました。 (A4C)、固有の産業問題解決に専念する非営利団体です。

A4C会員はフランスのCentre National du Cinema et de l’Image Anime(CNC)の日本版設立を目指しています。

A4Cベテラン監督は「私たちの主な目標は、日本映画産業の資金の流れ構造を変え、商業映画だけでなく、長い間日本映画の主要魅力であったアートハウス映画を支援する持続可能なシステムを作ることだ」と話した。 創立メンバー船橋敦。

2019年、現地映画産業は日本政府から合計35億円(2,450万ドル)を受け、フランスではCNCが映画制作支援のために約2億8,700万ドルを割り当てました。

日本CNCの推進は、COVIDが劇場を閉鎖し、日本のアートハウス部門を淘汰した2020年後半に始まりました。 「日本の映画産業のための安全システムを構築しなければなりませんでした」とFunahashiは言います。 「もう一つの感染症や災害が迫ったらどうしますか?」

この実践的な緊急性に刺激を受けたこのグループは、日本の4大映画大手である東方、東映、松竹、川川が率いる産業団体である日本映画製作者協会(Eiren)と安全網構築に関する月刊会議を始めました。

彼らは、韓国とイギリスのCNCと同様の機関が訓練、補助金、その他のイニシアチブを通じて地域産業を維持するためにどのように取り組んでいるかを調査しました。 「私たちは、中央機関が資金の流れを制御し、劇場、テレビ、ビデオ、およびWeb VODから一種の税金を集めて、インフラストラクチャを維持し、将来の投資をする必要があると考えました」とFunahashiは説明します。

創立4人組(五反田、船橋、諏訪信宏、深田告知)は、監督の西川美和、ソーデ雪子、内山拓也、エンターテイメント弁護士の篠宮貴志が合流し、後にA4Cとなった本体を構成しました。

A4Cのもう一つの主な目的は、長い間蔓延していたセクハラを業界で根絶することです。 しかし最近、日本のメディアで一連の暴露がベテラン監督であるSono SionやSakaki Hideoなどの性的虐待行為を暴露するまで、ほとんど隠されていました。 SonoとSakakiは犯罪で起訴されていませんが、業界は概して彼らに背を向けました。

去る4月俳優ミドリスイレンが週刊誌東쇼新聞とのインタビューで公開した。 彼女は7年前、坂木が個人的なリハーサルセッションで自分を性的に虐待したと主張しました。 坂木は全面的な謝罪をしたが、具体的な行動は認めなかった。

その月、Suirenは同様の経験を持つ他の人々と彼らの支持者と一緒に「映画とビデオ業界でセクハラを根絶するための協会」を結成しました。 グループはその後、A4Cと非公式に同盟を結んでメンバーを追加しました。

ビジネスでは、あまりにも多くの人がまだ性的虐待を「他の人の問題と見なしています」とSuirenは言います。 「多くの人がこの問題が消えるのを静かに待っています。」

Suirenは、このような長い産業メルタの主な理由は、「最高の監督とプロデューサーを持つピラミッド型の関係が確立されたからです」と信じています。 ほとんどの電力ブローカーは男性です。 活動家グループのJapan Film Projectの研究によると、遅い増加にもかかわらず、2020年に公開されたすべての長編映画の監督のうち、女性が占める割合は12%にすぎません。

しかし、業界は今、この問題を無視することはもはや選択肢ではないことを認めています。 エイレンは4月27日に声明を出し、「性的暴行を含むすべての暴力とあらゆる種類の嫌がらせは絶対に容認されてはならないと信じて、これに断固として反対する」と明らかにした。

権力濫用問題の突破口は、2020年6月当時社長の浅井高志を嫌がらせの疑いで劇場運営者であり配給会社であるアップリンクの元職員が提起した訴訟でした。 訴訟は後に解決されたが、A4Cは権力濫用根絶を最優先課題とした。

その努力が実を結び始めました。 9月1日、A4Cは、日本文化庁が2023年議会に提出した予算要請に嫌がらせ防止措置を含めたと報告しました。 個々の作品は、嫌がらせ防止教育と関連措置のためにJPY200,00($ 1,400)の機関資金を受けたいと思います。

ジャーナリスト、スチール写真家、俳優、監督で20年以上日本映画セットの観察者であり参加者であるアメリカ生まれのノーマンイングランドは、悪口から頬を殴り、蹴りまでの嫌がらせを直接目撃して経験しました。 彼は伝統的な先輩 – コハイ(先輩 – 後輩)の関係に言及し、「いじめの文化に溶けています」と言います。 低い人をいじめる」

イングランドは、解決策が自発的なガイドラインではなく、禁止された行動から労働時間と給与まで、すべてを説明する契約であると信じています。 「一部の人々はそれが日本では通じないと思います」と彼は言います。 「法的文書だからだと思います」

経済産業省の調査によると、日本映画産業フリーランサーの60%以上が現在契約なしに働いています。

このような改革と他の改革がなければ、日本の映画産業は、若い創造的な人材を引き付ける磁石として、長く遅い衰退を続けることができます。 「彼らにとって、日本映画は日本のスタジオの黄金期だった1930年代から1950年代とは異なり、もはや彼らが夢見る場所ではありません」と船橋は言います。 「映画撮影場が再び人々が情熱とエネルギーを注ぎたい場所になるように根本的な変化が必要です。」

READ  Antoine Griezmann:日本のビデオゲーム会社Konami、ビデオのスポンサー中止

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close