エンターテインメント

東山紀之「ジョニーさんの想像超えた “/嵐を言う – ジャニーズ:日刊スポーツ

ジャニーズ事務所(2019年7月18日撮影)

<폭풍우를 말하자 ~ Arashi talk ~> 9:東山紀之

嵐とゆかりのある人々がメッセージを送信する」の嵐を言う〜Arashi talk」は、東山紀之(54)が登場。ジャニーズ事務所の大先輩が秘話を明らかにしたています。

◇◇◇

嵐は、個人でもグループでも確立され、今の世界のコンサートの中でも最も大規模なことができると考え、技術と知力を最もそこに注ぎ込んでいるグループだと思います。 5人がそれぞれ複数箇所で開花し、他に考えられないほどのグループに花が奇妙なほど大きくなったことだろうか。 ジョニー(北川)氏の想像よりもはるかに超えていたと思います。

デビューして2、3年は本人たちも模索状態だった部分はあると思います。 当時嵐のコンサートを見に行った時、私はとても感動しなかったことがありました。 終演後にそれを伝えたとき、5人の目はよく覚えています。 彼らの真剣な眼差しを見て、「ああ、このグループは、行くんだ」と思いました。 個人的にも良い意味でギラギラしていることが好きですよ。

大野(智)は、昔バックに与えたこともありました。 当時から非常に表現が面白い子供でした。 ジョニーさんも同じことを考えていたと思う。 大野が入っチームのエネルギーがより加わったような気がしますね。 40歳以降の様々なも考えであり、芸術的なので、発想する創作するにも時間が必要ですよね。

櫻井(ショー)は、社会もでき仕切れますから。 なかなかそのような才能とないので。 相葉は志村けんさんに会って変わったと思う。 天性の明るさで、弟で文字の両方で甘えており、ひまわりです。 二宮は、例えば、海外にどんどん進出して俳優として活躍してもいいと思います。

活動休止後しばらく仕事を休むという松潤の気持ちもわかります。 コンサートの演出は、常に考えなければならないから。 だから今は、松潤の脳を休ませてあげなければという感じですね。

嵐は、なんか弱点がないですね。 それぞれがお互いを尊敬する良い五角形のプリズムだから。 さまざまな角度からさまざまな光を放つ。 活動休止嵐における日曜日だと思うので、大人のための準備期間でしっかりと休んで。 次の月曜日を迎えたいですね。[청자 = 요코야마 사토시]

◆東山紀之(動産・ゆき)1966年(昭和41)9月30日、神奈川県生まれ。 79年5月にジャニーズ事務所に入る。 85年に少年隊にシングル「仮面舞踏会」でデビュー。 93年の「琉球の風」ジャニーズ初のNHK大河ドラマ主演。 テレビ朝日系「サンデーLIVE!」(日曜午後5時50分)メインキャスター。 178センチ、血液型A.

「嵐を話そう〜Arashi talk〜」連載の概要を表示>>

READ  ジョセフ、アイルランドのライオンズの試合のため、日本WC英雄を呼び

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close