経済

株価低下、中国工場データに先立って

日本取引所グループ(JPX)が運営する東京証券取引所(TSE)のロゴが2020年10月2日金曜日、日本東京の証券取引所に展示されている。

ゴンアキオゲッティイメージズによるブルームバーグ

アジア太平洋地域の株式は、水曜日の貿易において、ウォールストリートのマイナスリードと投資家が中国の工場活動データの発表を期待して下落した。

日本の日経225指数は0.8%、トピックス指数は0.6%下落した。

オーストラリアのS&P/ASX 200は0.7%下落しました。 韓国ではコスピが0.81%、コスダックが0.79%下落しました。

日本を除くMSCIの最も広範なアジア太平洋指数は0.27%下落しました。

ロイター世論調査のアナリストらは、中国の8月公式製造業購買管理者指数が49.2になると予想しています。 7月のPMIは49だった。

PMI 数値は順次であり、毎月の拡張または縮小を表します。 成長と萎縮を区別する50ポイント。

一晩ウォールストリートでは、主要株価指数は3取引日連続で下落しました。

S&P 500指数は1.1%下落した3,986.16で、7月以降初めて4,000線以下に落ちました。 ナスダック総合指数は1.1%下落した11,883.14に、ダウジョーンズ30産業平均指数は308.12ポイント(1%近く離れた31,790.87)に締め切った。

ANZリサーチのブライアン・マーティン(Brian Martin)とダニエル・ハインズ(Daniel Hynes)は、水曜日のメモで「株式市場は、中央銀行が金利引き上げの面でアクセラレータに足を踏み入れるという期待に影響を受けた」と書いた。

火曜日のアメリカでは、ジョン・ウィリアムズのニューヨーク連邦ガバナーは、金利がさらに上昇し、インフレが落ち着くまでこのレベルを維持すると述べました。

– CNBCのTanaya Macheel、Jesse Pound、Jeff Coxがこのレポートに貢献しました。

READ  Halsey Frank:感染症データ、暗闇と夜明け

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close