経済

韓米日FMが対北朝鮮協力を強化することで合意

韓国と米国、日本の最高外交官は、インドネシアで北朝鮮の脅威に対する協力を強化し、平壌と対話再開のために努力することに合意したと韓国外交部が明らかにした。

パク・ジン韓国外交部長官は木曜日から金曜日まで開かれたG20首脳会議をきっかけにバリリゾートでアントニ・ブリンケン、林吉正、日米外交長官と最初の3国首脳会談を行った。 機関が報告した。

外交部はこの日声明を出し、「三大臣は北朝鮮の核・ミサイル脅威が韓米日両国が優先的に解決すべき緊急な問題だということに意見を合わせた」と明らかにした。

続いて「(両首脳が)北朝鮮の挑発に対して国際社会が団結し、断固たる対応をするよう努め、(平壌)対話再開のために柔軟で開放的な外交的アプローチをもとに緊密に調整することにした」と付け加えた。

その後、米国務省は、ブリンケンと日韓両国間の安全保障協力の拡大案について議論したと述べた。

北朝鮮は公式名称で北朝鮮を言及し、報道資料を通じて「秘書官と外務相が朝鮮民主主義人民共和国の不法弾道ミサイル発射を糾弾し、3国の安保協力拡大案を議論した」と明らかにした。

米国務長官は「韓半島の完全な非核化と拉致問題の即時的な解決のための米国の約束を再確認した」と付け加えた。

三国はまた、浮上する地域及びグローバル課題を解決し、地域の平和、安全保障及び繁栄を促進するための「未来志向的な協力」を追求するための三国協力の重要性を再確認したと韓国外交部は述べた。

米国との同盟強化を強調し、韓日関係を回復する意志を表明したユン・ソクヨル韓国大統領が去る5月に就任した後、初対面の集まりだ。

彼らの出会いは北大西洋条約機構(NATO)首脳会議を契機に3国首脳がマドリードで会って隠喩政権の核実験準備を懸念する中で対北安保協力を強化することに合意した後になされた。

金曜日の首脳会談は予定された時間より30分遅れて始まり、閣僚たちは前日午前選挙運動をしている間、銃撃で亡くなった安倍晋三元日本首相に対して哀悼の意を伝えた。

朴大統領は銃撃事件を「いかなる場合にも容認できない暴力的な犯罪行為」と強く糾弾し、ブリンケンは安倍首相を「偉大なビジョンを持った指導者」として哀悼した。

–IANS

int/shs

(このレポートの見出しと図のみがビジネススタンダードの従業員によって変更された可能性があり、残りのコンテンツはシンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

親愛なる読者、

ビジネススタンダードは、あなたが関心を持ち、国と世界にもっと広範な政治的、経済的影響を与える発展に関する最新の情報とコメントを提供するために常に努力してきました。 製品を改善する方法についてのあなたの励ましと継続的なフィードバックは、これらの異常に対する私たちの決意と約束をより堅固にしました。 Covid-19によって引き起こされるこれらの困難な時間の間にも、私たちは信頼できるニュース、権威ある見解、そして関連トピックに関する鋭いコメントで情報を提供し、最新の情報を提供するために最善を尽くしています。
しかし、我々は要求があります。

ファンデミックの経済的影響と戦っている今、より質の高いコンテンツを提供し続けるためには、より多くのサポートが必要です。 私たちの購読モデルは、私たちのオンラインコンテンツを購読した多くのあなたの刺激的な反応を見ました。 オンラインコンテンツを購読することで、より良い関連性の高いコンテンツを提供するという目標を達成するのに役立ちます。 私たちは自由で公正で信頼できるジャーナリズムを信じています。 より多くのサブスクリプションによるサポートは、私たちが献身するジャーナリズムを実践するのに役立ちます。

良質のジャーナリズムを支援し、 ビジネス標準に参加

デジタルエディタ

READ  三井、炭素排出権の創出のためオーストラリア企業に投資

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close