1ラウンドは土曜日パークシティセンターで改造します。 日本のチェーンのエンターテイメントセンターがSearsの代替| 地域事業

Estimated read time 1 min read

シアーズはパークシティのアンカーストアを閉鎖してから2年後、その場では非常に異なることが表示されます。

ボウリング、アーケードゲーム、卓球、食品、子供の遊び場がある家族に優しいエンターテイメント空間であるRound1が土曜日デビューします。

パークシティのRound1は9つのボウリングレーン、11個のビリヤード台、カラオケマシンが6つのプライベートパーティールーム、日本を含む250以上のアーケードゲームをリリースする予定です。

またバッティングケージ、パッティンググリーン、卓球台、3対3のバスケットボールコートがある、別のスポーツエリアがあり、顧客が一つの価格を支払った後、90分、3時間、または日中のゲームをすることができます。 食べ物のオプションには、ピザ、ハンバーガーや翼が含まれます。

日本の所有チェーンのRound1は1993年に最初のポイントを開き、2010年に米国で拡張を開始し、現在チェスター郡のExton Squareの1つを含む43個のエンターテイメントセンターを保有しています。 パークシティセンターの位置は、2019年8月に発表されたオリジナルの2020年秋にオープンする予定です。

Park CityでRound1は2019年3月にドアを閉め77,000平方フィートのSearsメインフロア全体を占める予定です。

READ  WBC野球韓国日本| スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours