技術

1万円なのにAppleのような単純な、基本的に爆音の中でも、正確に「Hey Siri “スマートスピーカー「HomePod mini」レビュー – GIGAZINE



税金1万800円で購入可能な “HomePod mini「深い低音とクリアな高音を再現して360度の一貫性のある音場が形成さ可能なワイヤレススピーカーというだけでなく、Appleの音声認識秘書である「Hey Siri」を搭載したスマートスピーカーでもあります。スマートスピーカーはGoogle Nestアマゾンエコなど強力なライバルが存在するが、HomePod miniは、その製品とどのように差別化することができるのか、実際に使って確認してみました。

HomePod mini – Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/homepod-mini/

HomePod miniの外観デザインがどのようになっているかどうかは、次の記事にまとめています。

わずか1万円のApple純正スマートスピーカー「HomePod mini」フォトレビュー – GIGAZINE


◆初期設定はiPhoneを持ってきてかざすだけでOK
HomePod miniは、最高委員会の部分にタッチパネルがあり、ここで「+」と「 – 」ボタンが配置されているだけで、他のボタン類は一切存在しません。 したがって、初期設定はどうするのかと思ったが、iPhoneを持ってきてかざすだけでOKとのこと。


だから、すぐに初期設定をしてみてください。 まず、最新バージョンのソフトウェアにアップデートしたiPhoneまたはiPadを準備し、これをWi-Fiに接続し、Bluetoothを選択します。 また、記事の作成時点でHomePod miniと互換性のある端末はiPhone 6s以降に販売されたすべてのiPhoneとiPad Air 2以降に販売されたすべてのiPad。 今回はiPhone 11 HomePod miniとペアリングしました。


まずHomePod miniを電源に接続します。 すると天面部分が白色に光ります。


ペアリングiPhoneを近づけると、画面に「HomePod mini」が表示されたら、「設定」タブ。


まずHomePod miniを配置する場所を決定します。 今回は「リビングルーム」を選択し「続ける」をタップします。


Apple Musicに登録を要求するが、今回は「今はしない」をタップ。


「個人の要求」を使用すると、iPhoneでカレンダーの予定を教えてもらうか、または不在着信があったことを教えてもらうことができます。 この設定は、のちのち変更することがありますので、今回は「個人の要求を使用していない」をクリックします。


iPhoneでSiriを有効にするかどうかを、初期設定時に決定されますHomePod miniはSiriが再びアクティブになり無効状態HomePod miniの初期設定を終えることができないようです。 「続ける」を押してください。


最後に、利用規約が表示されるので読んだ後、「同意する」をタップ。


最後に「設定の転送」をタップすると、iPhoneのiCloudアカウントに登録されているWi-Fiなどの情報を使用してHomePod miniの初期設定が自動的に行われます。


最後に、「HomePodをフレームの中央に入れてください。」と表示されるので……


iPhoneのカメラでHomePod mini本体を撮影すればOK。


しばらくしてHomePod miniが点滅設定が完了したことを示します。


初期設定時間は3〜5分程度。 iPhoneをアクセス画面を数回叩くだけでOKで、「Wi-Fiパスワードの入力」などの面倒な作業は必要ありません。

◆HomePod miniはiPhoneのホームアプリケーションの管理
iPhoneとHomePod miniペアリングも専用アプリがiPhoneに追加されません。 購入時にすでにiPhoneにインストールされているApple純正アプリである「ホーム“でHomePod miniの管理が可能である。


ホームアプリを実行すると、「HomePodあなたの声を識別することができます」と表示されます。 このようなHomePodを複数の人が使用している場合に、ユーザーの声をHomePod認識して、ユーザーごとに異なる提案が可能だということ。 「続ける」を押してください。


音声識別を行う場合には、「Siriを使用」をタップします。


すると、他の同様ので「Hey Siri」音声コマンドを話すことようにしました。


続いて再び個人の要求の使用に関する通知が表示されます。 今回は「個人の要求を使用」をタップします。


位置情報の共有に関する通知が表示されるので、「使用」をタップ。 また、この個人の要求のオン・オフ、いつでも設定で可能です。


また、HomePod mini同時に発表された「インターコム “お知らせもあります。インターホンはHomePodを通じてホームメンバーと連絡することができる機能です。これも「継続」をタップします。


すると「いつ通知を送信したり、 “を設定できるので、選択して「続ける」を押してください。


今ホームアプリケーション側の初期設定完了。 ホームアプリのホーム画面には、次のとおりであり、頻繁に使用するアクセサリーの一部にある「リビングHo​​mePod」が今回設定したHomePod miniです。この「リビングHo​​mePod」を押しても、音楽が流れたり、一時停止するだけなので、押し続けます。


これにより、次のようにミュージックアプリのような画面が表示されます。 「このアクセサリで応答がありません。」という通知が気になりますが、そのまま画面を下にスクロールすると……


HomePod miniの設定画面が表示されます。 設定だけでHomePod miniが自動的にソフトウェアの更新を実施し、その影響で「このアクセサリで応答がありません。」と表示されていた模様。 ソフトウェアの更新が自動的に行われます、これまでもHomePod miniを使用することは可能でした。


この設定画面では、音量の自動調整機能や、「Siri使用輝かせ」「Siriを使用するときに音を出す」などのHomePod miniに関する詳細な設定が可能。 「個人の要求」ドイ設定画面でオフに変えることができます。 基本的に言語が「英語」になっているので、ここを押して……


「日本語」を選択する必要があります。


また、設定画面の下部にある「HomePodをリセット…」をタップすると、HomePod miniを初期状態にリセットすることができます。


◆音楽を再生してみた
HomePod miniは、Appleがデザインしたフルレンジドライバーを採用しており、強力でクリアなサウンドを実現していること。 また、ネオジム磁石を使用すると、深みのある低音とクリアな高周波を再現し、Appleから出てきたフォースキャンセリングパッシブラジエーター基づい低音域を驚くほど拡大に成功しています。

だから、すぐにHomePod miniで音楽を再生してみたのが次の映画。 映画の中で、ボリュームを最小化したり、最大化したり、天面パネルで再生/一時停止をしたり、「Hey Siri」を使用した音声コマンドで音楽を止めたりしています。 映画は複雑ですが、ボリュームはかなりのボリュームで出力することができ、したがって一度「Hey Siri」という声を認識するために失敗しました。

Apple純正スマートスピーカー「HomePod mini」で音楽を再生する – YouTube

また、HomePod miniは内蔵された4つのマイクが連携して、ノイズを遮断しており、これにより、ユーザーの “Hey Siri」という声を聴き取りやすくしているとします。 したがって周囲がうるさくても、スピーカーの音量を下げたり、アクセス言う必要がないということ。 だから、HomePod mini周りにPixel 3とPixel 5を置いて最大音量でYouTubeの動画を再生しながら、「Hey Siri」を使ってみたのが下の動画です。

騒音の中でHomePod miniに「Hey Siri」と訴えました – YouTube

普段Amazonのスマートスピーカーであるアマゾンエコショー5を使用している編集部員は、「リビングでTVが流れていて、料理をしていたり​​すると、ノイズによってAlexaが応答せず、かなり大きくAlexaを歌ったりTVを消したりする必要があったこと」に不満を持っていましたが、 HomePod miniは騒音の中でも全く問題なく、音声コマンドを使用していました。 だから「サラウンドサウンド環境を拾っもスマートスピーカーから音声認識することができない」と感じる人はHomePod miniは良い選択になるでしょう。

他にもいろいろ使ってみたところ、接続したiPhoneのミュージックアプリで音楽はHomePod miniで再生することができますが、ウェブに離れているデータやYouTubeで音楽を再生しようとすると、iPhoneのスピーカーから音が流れてしまいます。今後Pandoraやアマゾンの音楽などのサードパーティの音楽ストリーミングサービスも利用可能になるのですが、記事作成時点で音楽を楽しむならアップルの音楽に加入することが最も手取り早こと。


また、一度iPhoneの音楽アプリでHomePod miniで音楽を再生した後、しばらくして、iPhoneで他の音楽を再生しようとすると、iPhoneのスピーカーから音楽が流れるということもありました。 接続を確認すると、次のようにiPhoneにチェックがついていて、いつの間にか、iPhoneとHomePod miniの接続が切断されたことが分かった。 画面HomePodアイコンが付いた「リビング」をタップすると、1秒以内にHomePod miniと接続することができますが、ペアリングといっても、いつでも自宅で音楽を再生すると、すぐにHomePod miniで音楽が流れるとわけではないということは、HomePod miniを一人で使用ユーザーがする少し面倒かも。 しかし、家族や多くの人がHomePod miniを共有する場合には、「再生されたくない曲がいつのまにかHomePod miniで流れていた」と誤爆なくありがたいところかもしれません。


また、HomePod miniを複数の人が一緒に使用する場合は、初期設定を完了したユーザーがホームアプリ左家のアイコンで「ホーム設定」をタップします。


その後、ここにホームメンバーが表示されるので、追加したいユーザーに招待状をかけるOK。 これにより、共有ホームのメンバーはすべてHomePod miniを使用できるようになります。


GoogleとAmazonのスマートスピーカーは1万円を切るものも少なくないので、AppleのHomePod miniは決して安いスマートスピーカーとはできないが、実際に使ってみると、初期設定は簡単で、スマートスピーカーとしての性能は申し分ないこと。 手頃な価格のスマートスピーカーを使用して、微細なほどの低挫折している人は、スマートに動作HomePod miniが適切かも。

また、HomePod miniは税別14万円でApple公式オンラインストアであるApple Storeで販売されています。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  Best integrated PCs 最高の統合PC [2021]

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close