経済

1年後、日本の電力ギフトのEEX市場リーダー

EEX(European Energy Exchange)は、最初の12ヶ月の間、3テラワット時(TWh)以上の取引された2021年には約20人のプレイヤーで日本の電力先物市場参加者数を2倍に増やすことができると経営陣は言いました。

Deutsche Boerseの事業部門であるEEXのPower DerivativesディレクターであるSteffen Riedigerは今年初め、非常に寒い天候のための卸売取引への関心が高まり、日本の小売サプライヤーは潜伏したと言いました。

厳しい天候は、原子力と再生可能エネルギーが十分な供給を提供していない場合は、電力のために、ガスの輸入に依存している日本のことを強調しました。

Riedigerはインタビューで、「これは供給のギャップをヘッジする根拠を示した」と述べた。 “それはギフト、特に取引相手のリスクを排除する証券取引所の贈り物の重要性を示しました。”

2020年5月18日以降、日本で取引された3TWh EEXギフトは1年の間に人口350,0000人都市に電気を供給することと同じだとRiedigerは言いました。

日本の年間電力消費量1,000TWhに比べるとまだ小さいが、ドイツの電力使用量の2倍の国で取引の可能性が非常に大きいことを示しています。

欧州主要先物市場でEEXは2020年に4.7 TWhで2019年より19%増加した。

EEXは現地現物電力取引所JEPXが設定した指数に基づいて、最大6年前に毎週、毎月、四半期、季節や年間納期を提供しています。

EEXの商品と貨物活動は、北米を含むすべての時間帯に適用されます。

EEX最高執行責任者であるSteffen Koehlerは「日本は私たちが考えていたよりもはるかに速い」と日本を成熟電力市場に到達するための、ドイツの1年間の旅と比較しました。

EEXは顧客を連れてきた国際的な銀行やブローカーに知られている清算部門であるECCの利点を受けました。

2021年第1四半期、日本の取引量は2.32TWhで96%の市場シェアを記録し、残りは現地のライバルであるTOCOMに任せました。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  第3次の日本 - アフリカのビジネスフォーラムに数百人が集まってTICAD 8の序幕

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close