経済

1日500円でLTEデータ通信が車内で無制限の自動車専用Wi-Fiルーター「DCT-WR100D “開拓者が12月発売 – INTERNET Watch

カー自動車用Wi-Fiルーター「DCT-WR100D “

パイオニアは、パイオニアブランドの自動車のWi-Fiルーター「DCT-WR100D」を12月に発売する。 市場想定価格は2万5000円(税別)。 ご利用には、別途通信料がかかる。

DCT-WR100DはNTTドコモが提供する自動車用サービス “docomo in Car Connect」を使用する。 自動車専用nanoUIMカードを含んでおり、Band 1/3/19でLTE通信が可能である。 一般LTE回線とは異なり、3日間の通信制限がない点も特徴である。

docomo in Car Connect利用別途通信費が必要です。 料金は定額で、1日500円、30日1500円、365日、1万2000円(すべて税別)。 スマートフォンのカメラで本体背面のQRコードを読み取るドコモのdアカウントを使用して、簡単な手順で使用することができているという。

Wi-Fi規格は、IEEE 802.11n / g / bの2.4GHz帯のみをサポートし、最大速度は、受信150Mbpsの転送50Mbps。 WPA3 Personalセキュリティ方式をサポートします。 同時接続可能な機器は、最大5つ。

Wi-Fi接続可能なナビゲーションやスマートフォン、ゲーム機器、Amazon Fire TV Stickなどのストリーミングメディアプレーヤーなどを接続して、動画・音楽などのストリーミングやオンラインゲームなどのコンテンツを車両から楽しむことができる。

走行中や信号待ち渋滞などの一般的な自動車の利用状況であれば、Wi-Fiを利用することができる。 しかし、一般的なモバイルルータとは異なり、あくまでも自動車のために使用できるのは、ジュヘンジュンワ一部停車中に値する。

具体的には、エンジン始動後30分停車中、走行中、走行後停車(エンジンON)60分利用可能となっている。 停車後60分経過すると、通信がOFFに戻って走行を開始すると復帰する。 また、エンジン始動後に停車したまま30分が経過した後でも、通信がOFFに停車したまま再びエンジン始動をし直して通信は復帰しない(走行開始に復帰)。 あくまでも駐車された車で継続ではなく、移動中の利用を想定したものとなっている。

Wi-Fiを使用条件

自動車で使用される電源は、DC12V / 24Vアクセサリーソケットを利用。 動作保証温度は-10〜+ 60℃であり、また、購入日から1年間のメーカー保証も提供する。 本体サイズは91.5×16×44.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は50g。

READ  市場スナップショット:日本の - 小売官報

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close