1秒に50,000本以上の映画をダウンロード日本の319Tbpsインターネットの速度が意味すること| 世界のニュース

Estimated read time 1 min read

日本の国立情報通信技術研究所(National Institute of Information and Communications Technology)が毎秒319テラバイト(TB)の世界最速のインターネットの速度の世界新記録を立てた報道された。 これは、ロンドン大学の研究者が保有している世界最速のインターネットの速度の最後の記録のほぼ2倍です。 速度は178Tbpsでした。

毎秒319テラバイトの意味:

1. Tbpsの全形式は、毎秒テラバイトです。 1テラバイトは1000ギガバイトを意味します。 1ギガバイトは1024メガバイトです。

2. 2020年の報告書によると、韓国で経験した最高のモバイルブロードバンドの速度は約100Mbps(メガバイト/秒)であった。

3.同じレポートによると、シンガポールは2015Mbpsで最も高い有線ブロードバンドの速度を示しました。

4.レポートによると、香港のインターネット速度は210.73Mbps、ルーマニアは194.47Mbpsであった。

5. 2020年の報告書によると、インドでのダウンロード速度は固定ブロードバンドの場合38.19Mbps、モバイルブロードバンドの場合12.16Mbpsとなった。

6.最速インターネットの速度の最後の記録である178Tbpsにネットフリックス全体をわずか1秒でダウンロードすることができると報告書は伝えた。 この速度の約2倍のであれば、全体のNetflixは319Tbpsに十分ではない。

6.多くの報告書によると、319Tbpsは1秒に57,000編の長編映画をダウンロードしたり、3秒以内にSpotifyのライブラリ全体をダウンロードすることができることを意味します。

7.ねじのシステムは、毎秒400ギガバイトで実行されます。

READ  「F9」レースは「ゴジラVs. Kong」At Worldwide Box Office
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours