10ラウンドKOで井上に出てくる、確かなスーパーバンタム級ワールドチャンピオン登場

Estimated read time 1 min read

SportsLookで全記事を読む – 10ラウンドKOで井上直也が確かなスーパーバンタム級世界チャンピオンになりました。

火曜日の夜の戦いは、日本とフィリピンの戦闘機のニックネームに敬意を表する「モンスター」対「悪夢」と呼ばれました。 レーザーに焦点を当てた精度で期待に応えるNaoya Inoueは、力と目的でMarlon Tapalesを襲った。

そして結局、彼らの確かなスーパーバンタム級ワールドタイトル戦で真実の瞬間が到来しました。 正確には12月26日午後8時45分(JST)です。

10ラウンドで井上はKO勝を収め、26勝0敗(23KO)を記録し、驚くべきボクシングのキャリアを積みました。

東京有明アリーナで行われた試合の決定的な要因は何でしたか?

井上のハンマーブロー、ダイナミックな直進右翼がフィリピンの相手を崩し、10回末1分2秒が残った。 タパレスはロープに戻り、立ち上がろうと捻りながら進んだ。 彼は10カウントに勝つことができませんでした。 だから、アメリカの審判Celestino Ruizは試合が終わったと宣言しました。

広告


井上出る
井上直也(Naoya Inoue)が10ラウンドでマロン・タパレス(Marlon Tapales)をKOさせた後反応している。 悪質なCelestino Ruizは戦いの終わりを告げる。 (Ⓒサンケイ)

30歳の井上はWBCとWBOタイトルベルトを維持し、神奈川県ジャマ出身のタパレスはIBFとWBAタイトルを獲得しました。

その結果、Inoueは連続して2つの体級で確かな世界チャンピオンになり、2回の勝利はすべて同じ場所で行われました。


井上直也(Naoya Inoue)が2回連続世界チャンピオンになるための旅

井上には、この偉業を達成した4ベルト時代(2004年以降)の2番目のボクサーだけです。 アメリカ人 テレンス・クロフォード 去る7月ウェルター級部門を統一した最初の選手だ。 その前に彼は2017年に確実な超軽量チャンピオンになりました。

21世紀の世界最高のスーパースター選手の一人であるInoueは、スピード、力、手と目の調和、優れた体力、優れたリングジェネラルシップを組み合わせて、2012年10月2日にプロデビューした後、彼を大きな成長に導きました。 。

その戦いで彼はフィリピンに勝った。 クリソン・オマヤオ 東京五楽園ホールで開かれた4ラウンドTKO勝利。

2022年12月13日、Inoueは11ラウンドTKOを通じてイギリスのPaul Butlerを破り、確実なバンタム級世界チャンピオンになりました。

井上出る
スーパーバンタム級世界チャンピオンの井上直也が写真を撮っている。 (刑務所)

InoueはTapalesに対する彼の勝利について話します。

井上には、先に述べたバンタム級タイトルベルトとスーパーフライ級、ライトフライ級タイトルベルトを獲得した後、4つの部門の世界チャンピオンになりました。

広告


井上には21回連続世界タイトル戦優勝についてリングで行われた試合後のインタビューで「(勝利して)とても安心になる」と認めた。

彼は「とても幸せだ」と付け加えた。

37-4に落ちたTapalesは、強力なパンチの組み合わせが彼のバランスに影響を与え、4ラウンドの終わりに倒れました。 その後、彼はキャンバスに降りて、より効果的な直説的な戦術で戦ってから活力を得たように見えました。

井上出る
第4ラウンドでは、井上直也(Naoya Inoue)の積極的なパンチが最初のノックダウンを生み出しました。 (Ⓒサンケイ)

Inoueは、後にタパレスの緊迫感を認識し、ノックダウン後にもう少し慎重になったと述べた。

7ラウンドと8ラウンドでKOを狙って過度に攻撃的に戦ったかどうか尋ねる質問に井上は自分のアプローチを説明した。

7月25日もやはり有明アリーナで開かれた第8ラウンドでWBCとWBOのタイトル保有者であるスティーブン・フルトンを破り、自身の初のスーパーバンタム級試合で勝利した井上には「私は賢くなければならず、彼がダメージを蓄積させなければならない」と話した。 マンガ。

SportsLookで全内容を読んでください。

広告


関連:

著者:エド・オデブン

エドを探す ジャパンフォワードの専用ウェブサイト、 スポーツルック 彼のフォロー [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日はX(以前はTwitter) @ed_odeven

READ  リアム・ブラディは、日本のドイツ戦復帰が「彼が見た最高の後半戦の試合の一つ」と主張した。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours