10人のパンジャブ政府学校の学生が桜科学交流プログラムに従って日本を訪問しました。

Estimated read time 1 min read

学生は今後Punjab Vidhan Sabhaで楽しい時間を過ごすでしょう:Sandhwan
チャンディーガル: SAKURA科学交換プログラムの一環として、パンジャブ政府学校の学生10人が日本を訪問し、さまざまな国の科学技術と文化的価値についての直接的な知識を得ました。

Punjab Vidhan Sabhaの議長であるKultar Singh Sandhwanは、参加者の中にはMansaのGovt Girls Sen Sec学校のHarmandeep Kaur、Bhawanigarh SangrurのGovt Girls Sen Sec学校のJasmeet Kaur、Govt Sen Sec Smart SchoolのSanjnaです。 Model Town Patiala、BathindaのMeritorious SchoolのSapna、KapurthalaのSchool of EminenceのNisha Rani、FirozepurのMeritorious SchoolのGurwinder Kaur、Maur Mandi BathindaのGovt Kaneya Sen Sec学校のDipika、Randhawa Msanda Sec学校のKhuwaish JalandharとUdaynoor Singh Govt High Sshool Guruwali AmritsaとTania Govt High Sshool khai pheme ke Ferozepur.

講師は、これらの学生がプログラム期間中に数日で科学技術、日本語、文化精神を理解する能力を示したと述べました。

Sandhwanは、これらの学生は今後数日以内にパンジャブ立法省に招待され、国とパンジャブに奉仕する精神を吸収するために各学生に11,000ルピーを受け取ることになると付け加えました。 S. Sandhwanは特にこの素晴らしい学生の両親に感謝の言葉を伝えました。

READ  恐怖が減り、専門家たちは、共感がウイルスとの闘いの核心であると言う
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours