トップニュース

10年以上にわたって動物と一緒にゴミを燃やす

「ただ仕事がそうなったと思いました」

日本では 化粧 人とペットの両方にとって、死後は標準です。 国もゴミをたくさん燃やす。

さまざまな場所で起こるものですが、ある火葬場で働くスタッフは「ああ燃えている」と思ったことが明らかになりました。

大原北部西園 愛知県犬山市にある化粧場兼葬儀場だ。 最近、誰かがメイク業者の一人がソーシャルメディアに次のような投稿を投稿したことを発見しました。

「動物を化粧するときにコンビニ弁当から出たごみを一緒に燃やします。」

おわり北武Seienメイクワーカーは ゴリン、富山県に本社を置く化粧サービス会社。 SNS投稿が公開された後、 20~60代の男女6人で構成されたこの施設の6人化粧場職員の多くは弁当の他にもペットの化粧時に空のペットボトルを投げた。。 調査によると、これは少なくとも10年間続いており、現場管理者は次のように述べています。 「トイレの従業員が毎日やっていることだから、そのようになったと思いました。」

▼ペットの遺骨を冒涜することに比べると軽微な犯法に見えるかもしれませんが、日本ではペットボトルとお弁当を燃やすことができるゴミに分類せずに別のリサイクル品に捨てなければならないという点も指摘しなければなりません。 ピックアップ日。

言うまでもなく、これは特に化粧後灰が日本で慣例的に墓に埋もれているため、ペットの有害に対する礼儀ではありません。 尾張北部西園は謝罪を発表したが、Twitterの反応によれば、多くの人が死んだペットの冷淡な取り扱いに依然として驚愕している。

「どんな人がそのようなことをしますか?」
「人間意識がないのか?」
「心さえあればできることではない」
「そのような人がいることは衝撃的で疲れています。」
「ペット化粧のためだけにそうしたのですか?」

その不安な最後の発言は、Owari Hokubu Seienがペットだけでなく人にも化粧サービスを提供するという事実と、Gorinが日本全土の様々な施設で化粧を行うことに契約したという事実と関連があるかもしれません。 しかし、現在まで化粧をする過程でゴミが捨てられる事例は確認されたことがない。 誰もが完全に同意しないいくつかの慣行があります。

ソース: 毎日新聞 ~経由 はちまきこ朝日新聞MSNジャパンTwitter
トップ画像: パクタソ
画像の挿入: パクタソ
●ソラニュース24の最新記事が浮かぶとすぐにニュースを聞きたいですか? Facebookで私たちをフォロー そして Twitter

READ  日本の密な西表島を訪問したときの足跡だけを残し糞をお持ちください

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close