トップニュース

10月まで日本の運命を学ぶことを望むMGMリゾート

MGM Resorts InternationalのCEOであり、社長のBill Hornbuckleは、同社が今年10月までに日本の統合リゾートライセンスを獲得することに成功したかどうかを知ることを望んでいると述べた。

MGMと地元のパートナーであるORIXは、先週、政府に最終的な地域開発計画を提出するために、長崎と一緒に大阪で約100億ドルのIRを開発しようとしています。 三位目の若山は、資金問題で終盤入札を撤回した。

ホンバックルは、2023年末までに開発作業を開始するために、今年中に決定が下されることを希望すると話した。

「先週、私たちはORIXと大阪市のパートナーとともに、日本政府に地域開発計画を提出しました」と彼は語った。

「今年10月にライセンス決定が下される前の最後のマイルストーンです。 私たちは、日本に完全に統合されたリゾートをもたらすために今年末に授与されるライセンスを取得するために、政府と緊密に協力しています。

開発スケジュールについての詳細を尋ねる質問に、Hornbuckleは次のように言いました。 [are now] 長い生存者の一人 [means] これは私たち全員にとって非常に魅力的です。

「しかし、2023年末、2024年初めまでに鉄塔を建設することを願っています。規模を考えると、これは建設に4年半のプロジェクトなので、 [we would be looking to open in] 2028年末から2029年へ。 それが本当にそれについて考える方法です。」

大阪市と県が以前に発表した詳細によれば、大阪のIRはJPY 5200億(US$41億)の売上とJPY 1兆1400億(US$90億ドル)の経済的波及効果で年間2千万人の訪問者を誘致することが期待されます。

その他のコンソーシアム会員としては、関西電気パワー、パナソニック、キンテツグループホールディングス、NTTウエストなどがあります。 その他の投資家としては、小谷市、高中株式会社、大成株式会社、大阪ガス、JRウエスト、JTBなどがあります。

READ  日本、ウクライナ軍に基本補給品を送ること

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close