10月日本火災保険料10%引き上げ

Estimated read time 1 min read

経済


東京、5月8日(支持通信) – 日本の4大損害保険会社が10月全国的に火災保険料を平均10%程度引き上げるとこの問題に精通した消息筋が水曜日明らかにした。

ますます深刻になる自然災害と集水リビの増加で保険金が上がり、企業が2年ぶりに保険料を引き上げる。

4社は東京海上日同化保険(Tokio Marine & Nichido Fire Insurance Co.)、ソンポジャパン保険(Sompo Japan Insurance Inc.)、三井住友保険(Mitsui Sumitomo Insurance Co.)、相生日清同化保険(Aioi)ニッセイ・ドワ・インシュアランス株式会社)です。

例えば、東京で建てて30年後の木造住宅の火災保険料2000万円保険料は年間3000円~5万2000円程度上がる。

金融庁は昨年、損害保険業界の火災保険準準率を平均13%引き上げる計画を承認した。 参照レートは、保険会社が保険料を設定するために使用されます。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  BMW M3セダンの新型縦グリル採用... 3シリーズと決別したデザイン
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours