10月30日| イスラエルがガザ地区でハマスとの戦争を拡大

1 min read

10月7日攻撃後、大学キャンパスで最も極端な半イスラエル、ハマス同情の瞬間

去る10月7日、ハマスがイスラエルを攻撃した後、テロ団体を支持し、依然として1,400人を超えるイスラエル人を殺害しているユダヤ国家を非難するデモが全世界で起きた。

しかし、おそらくハマスに同調する支持者の最も極端な外観は、アメリカの大学のキャンパスから来るでしょう。

以下は、学生と教授の両方から出てくる不快な行動と調査のいくつかの例です。

ハーバード大学の30以上の学生団体は、「すべての暴力事態に対してイスラエル政権が完全に責任を負わなければならない」と宣言する書簡に共同署名しました。

ニューヨーク大学の学生が10月16日、大学のティッシュホールの外でイスラエル人質のポスターを撤去して捕まった。

カリフォルニア大学デイビス助教授Jemma Decristoは、彼が「シオニズムジャーナリスト」と呼ぶ人々とその家族を脅かすように見える不吉なメッセージを受けました。

スタンフォード大学では、講師がユダヤ人とイスラエルの学生に身分を明らかにするよう求めた奇妙な出来事が報告されました。 3人の学生は、チャバード・スタンフォード・ユダヤ人センターの所長であるラビ・ドーブ・グリーンバーグに、講師は「これがイスラエルがパレスチナ人に行うこと」であるため、所持品を集めてコーナーに立つように言ったと言いました。

Fox NewsのJoseph A. Wulfsohnがこのレポートに貢献しました。

READ  パプアニューギニアから長い間消えた鳩種「再発見」
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours