世界

10月9日の革命家チェ・ゲバラが銃殺された日! 死様も素敵な… “フエゴ弱虫君ただ一人を殺すだけだ」 – TOCANA

(写真はWikipedia Che Guevaraより使用)

“死の直前、ボリビアの田舎町でチェ・ゲバラ」

1967年10月9日、アルゼンチンで生まれた「キューバの革命」を率いた革命家、チェ・ゲバラがボリビア山中で捕捉された後、射殺されたことである。

1959年フィデル・カストロとキューバを社会化した「キューバの革命」に成功したゲバラ。

その後、国立銀行総裁、国連のコメントなどの要職を務めたが、キューバを離れ革命のためにコンゴにまたがる失敗。

その直後、新たなアメリカ革命の拠点として選択されたボリビアにかけて革命を計画するが、国内外でのサポートも支障孤独な戦いとなった。

そして1967年10月8日にアンデスチュロ谷から20人程度の小隊に移動する間、政府軍の大軍の襲撃によって拘束された。

拘束、最寄りのこれと町の小学校に移送されたゲバラは翌日、大統領レネバリエントスの人によって射殺された。

いくつかの発の弾丸を受けながらも絶命していゲバラは狙撃に向かって「撮影弱虫君ただ一人を殺すだけだ」と叫んで9発の弾丸を受けて初めて絶命したという(ゲバラを処刑したマリオテランによると、ゲバラは処刑直前に “簡単に、よく狙えば、人間を殺す」と言葉を残して2発の銃弾を受けて絶命したという)。

その死さえも、革命家としてのイメージを損なうことなかったゲバラは、死してなお、世界の反米主義者たちの間では、カリスマに認められ、現在では、彼の人生が消えた、ボリビアさえ知るにとして崇められている。

もちろん革命の拠点となったキューバは空前絶後の英雄だが、事後のキューバの写真家アルベルト・コルダによって製作されたゲバラの肖像」英雄的ゲリラ」はTシャツをはじめ、大量にコピーされた革命的アイコンとして世界的に今も増え続けている。

その残りのカリスマを消すために、ボリビア政府軍は処刑後ゲバラの遺体写真を公開していないことがなかったが、現在では振り返ってみると、その効果はとても希薄た言わざるを得ない。
死してなお、人々の心に生きているチェの名前は、もはや永遠に “革命家”言葉と同義である。

<10 월 9 일 세계에서 일어난 불행한 사건 일람은 이쪽>

編集部

READ  Facebookコミュニティのルールに違反する投稿が多くのグループを「執行猶予」の - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close