100日のカウントダウンが始まり、日本はパリ2024のために活力を取り戻しました。

Estimated read time 1 min read

3年前にホームグラウンドで開催された最後のオリンピックで 東京 世界的に流行するファンデミックの中で日本は歴代最高記録である金メダル27個を含めて合計58個のメダルを獲得しました。

ファンは今夏のオリンピックに戻ってくる予定であり、これは次のようにパリでクォーターを確保した多くの日本選手たちが言及した事項です。 橋本大樹男体操で2回金メダリスト。

東京2020では、大会のコロナウイルス対策の一環として一般大衆入場は許可されていません。

今週末全日本総合選手権で4連覇を達成した橋本は「東京にはファンがなかったがパリにはファンがいるだろうから本当に期待される」と話した。

「昨年のオリンピックでは、私たちは団体戦で銀メダルを獲得したので、今回は団体戦、総合、水平棒で3つの金メダルが欲しいと思います。

「このトラックスーツを着るので、今後3ヶ月間、私がどれほど頑張らなければならないのかと思います。 3日前に試合をしたので今日は少し疲れます。 しかし、体力が本当に良く、訓練も本当にうまくいっています。 パリのためにこれを続けなければなりません。」

*ナショナルオリンピック委員会は、オリンピックゲームでその国を代表する独占権限を持っているので、選手たちのパリゲーム参加は、NOCがパリ2024で代表団を代表する選手を選ぶことにかかっています。

READ  試合スケジュール、視聴方法、最新ニュース、配当率
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours